杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー

<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

3.29 古本部屋

 1時間寝て、昼から渋谷でダ・ヴィンチの打ち合わせ。
 ロイヤルホストに入ると、写真家のサイトウさんがいたので挨拶。よくこういうところで会うのである。
 編集IとMやってきて次号の相談&その倍くらいの長さの雑談。そういうふうにして企画なんて固まっていくもんだ。
 西荻に戻り、wポスト原稿の修正をやる。大きな直しがなくてよかった。
 つかれたので古本部屋にこもるか。仕事場のマンションは2DKで、1部屋が本置き場になっているのだが、そこに入ると周囲から遮断されて時間を忘れることが出来るのだ。棚の本を並べ替えたりするウチに、おっと思う本があったりするのに油断ならない。
 読んでないのはもちろん、持っていることすら記憶にない本がけっこうあるものなのだ。
 すると今度は、いつ、どこで入手したものなのかが気になりだして・・キリがないね。
 寒いのでバスで帰宅。猫だけが待っている。
 エサを与えていたら動物病院から電話があり、モーの再手術は、まだ骨が細いから2カ月ほど延期したいという。そっか、しょうがない。不自由だろうがもうしばらくビッコ生活をガマンしてくれ。
 
 
本日のメシ 朝・あじのひらき、おろし納豆、海苔、けんちん汁、飯1膳 昼・渋谷の「ロイヤルホスト」でミックスサンドとサラダ 夜・あまりもののけんちん汁、惣菜パン
[PR]
by torokitao | 2006-03-30 13:38 | 日記

3.28 朝までだらだら

 朝になると娘の熱はいったん下がっていて、元気にはしゃいでいる。
 だけどまた夕方以降に発熱するのだろう。人体の不思議。
 昼ごろ仕事場。
 原稿書きの準備。
 銀行でメールソフト代金の振り込み。2800円なり。これでメールのやりとりが問題なくできるなら安いもんだと、追い込まれている人間特有の思考が働く。でも送金先(個人)、メアドのみで電話番号もわかんないんで不安もある。
 ポット出版から『新世紀書店〜自分でつくる本屋のカタチ』の表紙と帯のデザインが出来たと連絡があり、ウェブ上でそれを見た。あとは印刷などの実務だけってことだ。完成間近。うれしいなあ。発売は4月中頃の予定なんで確定したら詳しく知らせたい。中身、けっこう濃いよ。
 
 3時、平野さんわざわざきてくれる。「wポスト」打ち合わせ。4回分の構成をあらためて相談させてもらった。差し入れのクッキーがおいしい。
 
 夕方以降、急激な眠気が襲ってきて、机に突っ伏し居眠り。目覚めると夜だ。天気も下り坂だし、今日はウンと遅くなると言ってでてきたので、さあこれからという感じ。まとまった長さの原稿になると、どうしても夜書くイメージなんだなあ。
 それなら平野さんが来る3時に仕事場に来ればいいわけで。
 それまで家でぐーたらしててもいいし、買い物に行くとか、映画を見るとか、展覧会に足を運ぶとかどんな過ごし方も出来そうなものなのに、そうはしないのである。なんかおれ、そういうの苦手なんだなあ。
 結局、原稿を書き始めたのは深夜に近い・・いくらなんでも助走長すぎっ!! しかも睡魔に襲われ床に転がっちゃったし。
 目覚めてアセリ気味に再開。とりあえず最後までたどりついたのは午前9時前だった。
 くー!
 強風の中、歩いて帰宅。
 
本日のメシ 朝・温野菜のサラダ、オープンサンド 昼・「ドトール」でホットドッグとアイスオレ 夜・コンビニおにぎり
[PR]
by torokitao | 2006-03-29 17:15 | 日記

3.27 だめな日

 今日はだめな日だったなあ。
 仕事をしようと思っていたのにさっぱり手に着かない。
 懸案の取材もうまく行かないし、頭を抱える。
 しかも珍しく便秘。
 こんな日もあるさとすぐに仕事をあきらめるのがまた軟弱。
 やったことといえば西荻丼を配りに散歩がてら町を徘徊したくらいである。
 
 イレブンでお茶して帰宅すると、娘は熱をだし落ち着かないムード。
 娘は母親にベッタリで父親が抱くと激しく泣き叫ぶ。
 キミねぇ、そういうことじゃいかんよ。とうちゃん!てな勢いでしがみついてくんないと。
 哀れ父ちゃんはゴミ捨てしたり家具を動かしたり、その他雑務でお茶を濁すのであった。
 
本日のメシ 朝・肉じゃが、豆腐とゴボウの柳川風、ふき、みそ汁、飯1膳 夜・野菜スープとパスタ、パン
[PR]
by torokitao | 2006-03-28 11:52 | 日記

3.25-26 他に能がない

3.26
 明日から忙しくなることが見えているので、ずっと休んでなくて疲れたので、休養日。
 
本日のメシ 朝・ベーコンと野菜の炒め物、パン 昼・やきうどん おやつ・ピザ、エスカルゴ 夜食・おろしそば

3.25
 古本屋を名乗ってはいるが、ぼくの職業はフリーライターだ。他に取り柄のない人間である。生活を支えるために必要な金は文章を書いて得るしかない。
 40歳を過ぎた頃、自分は社会でどういう立場なのか知りたくて職安にいってみたことがある。係の人に見事に冷たくされ、いくつか応募はしてみたがすべて断られ、いよいよ文章を書くしかないのだなと思い知らされた。
 同業者の中には紙媒体よりネットだという人も多数いる。ぼくはそういうことには関心が薄い。紙であれネットであれ、書いて発表できて金がもらえることが大事だ。自らメディアを作ったりして、そこから得られる収入で暮らすというのは魅力的に思えるが、そのためには実務的な能力が不可欠であり、とてもじゃないが書くしか能がない人間にできることではないだろう。書くことだってなんとかオマンマが食べられる程度ってレベルなんだから(好きなことやっていられていいねえ、とうらやましがられることがあるけど、そんなカッコイイもんじゃないっす)。
 
 そういうことなら、本が好きだし、ずっと本に関わっていきたいと思い、いまに至る。「本」でどこまで遊べるかがぼくのテーマになったのだ。そのために古本屋になったわけではないのだが、結果的には古本屋を始めたことがきっかけで、いくつものおもしろい経験をすることができている。
 古本屋に「杉並北尾堂」という屋号をつけたおかげでなんだか地元に愛着が生まれ、「西荻丼」というタウンペーパーを始め、それがNPO法人設立に繋がった。
 パルコの古書イベントをプロデュースするうちに古書だけではなく「本屋」への関心が高まり、本屋の取材をするようになり、「本屋」と「古本屋」が融合できるカタチを考えるようになって「新世紀書店」というイベントを実施。その経過がもうじき本になる。
 そして今度は「地元」+「本」ってことで、5月から「西荻ブックマーク」なるイベントがスタートする。月に一度の開催で、作家のトークや、ワークショップを長く続けていこうというものである。斬新なところは狙わず、地域のメンバーが中心になって、本好きが関心を持つ催しをやる。書店主催の事業でもなく、本好きの有志による運営であるところが気に入っている。
 個人的には、古本屋を始めた頃からやりたいやりたいと思っていて、いまだ実現していない「古本旅」を、今年はやろうと決めた。すでに九州-岡山(倉敷)にいったけど、楽しいもんなあ。
 こうしたことを純粋に趣味としてやるのもいいが、ぼくの場合は最初に書いたように文章書きとリンクしないと食べていけない。だから遊んで書いてまた遊ぶ、というサイクルになる。それに専念すればいいんだろうが「本」以外にも書きたいことはあるから、なんだかんだでバタバタする毎日になっている。
 
 前置き長いね。
 
 今日は西荻丼第8号の配布日。相方外出のため子連れで参加である。
 スタッフ8名で配布後、「ぷあん」で食事。和気あいあいのなか、オムツを代えるワタクシであった。
 サンジェルマンのイート・インコーナーでお茶しているうちに相方戻り、バトンタッチ。
 
 夜、プリシラ祭第3夜。
 ぼくの仕事場が楽屋なので、佐藤わこさんとゲストのイイダアリコさんがやってきた。かいがいしくお茶いれたりしてナ。
 朗読はいい雰囲気の中で行われ、最期までダレることなく終了。成功に終わってよかったよかった。
 たまには早く帰らなくちゃなと徒歩で帰宅。
 
本日のメシ 朝・野菜・ベーコンの炒め物とパン 昼・「ぷあん」で麺もの 
[PR]
by torokitao | 2006-03-27 13:10 | 日記
 買い物ついでに井草八幡に行って意味もなく参拝。5円しか賽銭しないケチトロである。
 銀行経由で仕事場。
 メール緊急対策用にノートパソコンを持参し、iMacのソフトは捨て、しばらくノートをメール専用にすることにした。
 でも抜本的な策とはいえないので、シェアウェアのムサシってソフトを購入することにする。
 
 4月の石川県加賀市行きが決定し、6-7日で飛行機の手配。これ、まくいくと非常におもしろい話なんで、楽しみなのだ。はっきりしたら発表します。
 
 西荻ブックマークのチラシができてきて、一部修正箇所があるので、「ニヒル牛2」で煎茶をおごって大宮君に手伝って貰う。
 夜、ハートランドに顔を出し、その後所用。
 
本日のメシ 朝・豚肉の黒ゴマ蒸し焼き、キャベツ、春菊としめじ、高野豆腐の煮浸し、ふきごはん、あさりの吸い物 夜・立ち食いうどん
[PR]
by torokitao | 2006-03-25 16:42 | 日記

3.23 取材は続く

 午前中、仕事場。
 「なぎさ」原稿を書いて送るが、届かないとのこと。ダ・ヴィンチも同様。非常事態である。もうこのソフトは使わないほうがいい。
 
 午後から新橋の天ぷらやで歯科医を取材。神保町にある担当編集者Hさんの事務所で、三島カメラマンも加わり打ち合わせをする。全体の構成がやっと見えてきたんで安堵。
 神楽坂の坂ノ上スタジオにより、文平君の写真展を見る。ジュンコさんにチョコいただく。
 
 帰宅後、久しぶりに娘と風呂。
 寝かしつけて、ぼんやりとニュース番組見る。
 
本日のメシ 朝・コンビニでサンドイッチ 昼・てんぷら定食(店名失念) 夜・カレー、サラダ
[PR]
by torokitao | 2006-03-24 17:44 | 日記

3.22 メーラーまた不調

 昼には仕事場に来ていろいろ働いたはずだが、何をやったかよくわからないまま時間が過ぎるのである。メール書いたり企画書作ったり発送したり、同時多発雑務状態。
 
 しかし緊急事態。またしてもメールソフトの調子がおかしいのである。
 どうしてかなあ。
 パソコンが古いのでコジマとかでも売ってないだろうし、マックos9.1でも使える、いいメールソフトがあったら教えて下さい。
 
 7時に下関マグロ来訪。落語をやるというのでびっくり。でも楽しそうである。楽しそうな人といるとこっちも楽しくなってくる。
 雑本ト−ク収録後、インプラントと矯正の経験者として、食事しながら歯の取材をさせて貰う。
 他にもいろんなことを話した。数少ない友達だからね、たまにあって話すだけでも気持ちは通う、とぼくは思ってる。
 雨なのでタクシーにて帰宅。
 
本日のメシ 朝・オムレツとパン 夜・パスタ
[PR]
by torokitao | 2006-03-23 19:31 | 日記

3.21 西荻ガラン

 読者から歯についてのメールを頂いた。
<何年か前、歯の移植をしたことがあります。
抜かねばならなくなった歯を抜き、その奥にあった
自分の親不知を抜き、抜いた歯に移植する、という
そんなことができるんだ〜ということをしてもらいました。
「あなたの抱える歯にまつわる悩み」とはちょっと違いますが、
もしかしたら、ちょっと珍しいかなと思い、お知らせしてみました。
ちなみに、その当時、アメリカではやられているが、日本では
まだあまりされていないという話でした。
今はわかりませんが。。>

 移植なんてやるんだ。自分の歯だから問題なく癒着するんだろうな。
 引き続き、歯についてのメール募集中。
 
 さて火曜日。春分の日。
 昼頃に西荻にきたら、通りを誰も歩いていなかったのは野球の影響だろうか。
 ダヴィンチのキャプションを書き、ゲラチェック。
 資料整理など地味な仕事をする。
 夕方、所用で新宿「トラベルカフェ」。
 野球、勝ったみたいでまあよかった、ぐらいしか感想ないのが情けないが。
 
 家に帰り、資料本を手に取る。相方たちが戻ってくるので、その前に集中して読みたいのだ。
 腹が減ったのでパスタを自作。うーんうまい! つい食べ過ぎてしまう。
 11時をまわり、酔っぱらった相方と娘が帰ってきた。ガキ連れで深酒とはいい根性をしている。
 とっとと寝てしまったので、本の続き。
 就寝3時。
 
本日のメシ 朝・オムレツとパン 夜・パスタ
[PR]
by torokitao | 2006-03-22 12:14 | 日記
 午前中、三鷹の動物病院。モーのレントゲン撮影をする。往復タクシー込みでざっと1万円の出費とは痛いね。
 午後から仕事場。シモマンと大宮君が風邪でセキの合唱。
 3時、風塵社・小松社長と新入社員の加藤さん来訪。打ち合わせ30分、雑談90分。
 歯の話。ズラと入れ歯はどちらがコンプレックスが強いか。一般的にはズラだが、入れ歯もヒケは取らないとの確信を得る。バレにくさゆえの孤独さってのがあるからね。
 
 これを読んだ人のなかにも、歯が悪く、ひそかに入れ歯にしていたり、堂々としていたり、インプラントか入れ歯かで悩んでいたり、インプラントに踏み切ったり、その他トラブルを抱えている方がいると思う。
 現在取材中です。
 匿名もokですのでぜひ「あなたの抱える歯にまつわる悩み」についてメールを下さい。また、歯科業界に属していらっしゃるか違いましたらご連絡下さい。よrしくです。
 
 加藤さん、赤瀬川原平ファンとのことで、雑誌をお買いあげいただく。感謝。
 「京急ゆるゆる紀行」、昨日の鎌倉散歩を書き始めるが、撮影をひとつ忘れていたことに気がつき集中力を失う。マンガ喫茶に逃亡し、「最強伝説クロサワ」など読む。
 長居したいが、猫が腹を空かせていることを思い出して帰路。誰もいないので、鎌倉で買ってきた「変わった種族研究」(吉行淳之介)を読む。めっぽうおもしろし。
 
本日のメシ 昼・「一圓」でラーメンとチャーハンのセット 夜・西友で買った寿司折り
[PR]
by torokitao | 2006-03-21 13:58 | 日記
3.19
 11時新宿駅で中川カンゴローと待ち合わせ。「なぎさ」取材のため鎌倉へ向かう。湘南新宿ラインあと早いね。昼には着いた。
 今回は古本屋めぐりがテーマ。まず知り合いである『鎌倉期キネマ堂』を訪問。店主の境さんに、古本屋の場所を地図に書いていただき、コーヒーをごちそうになる。本は1冊だけ購入。
 それから「藝林荘」「遊吟舎」「游古洞」まで3軒まわったところで雷が。蕎麦屋に避難し、雨がやむのを待つ。
 最期に公文堂で締めくくり、本日買った本は計5冊。鎌倉の古本屋は文学書が多くて北尾堂にはちょっと合わない感じだった。観光地だからか値段もけっこう強気。でも、ぶらぶら歩くと気分がいいし、一度は行ってみることをおすすめしたい。
 家に帰っても相方と娘は実家行きで留守なのでツタヤに寄るが、借りたいビデオがなかった。手ぶらで帰宅し、ぼんやりテレビみるうちに強烈な睡魔が襲ってきた。
 
本日のメシ 朝・スープ、パン 昼・「五島」で天せいろ、たまごやき、地ビール

3.18
 麻雀明けで6時半帰宅。
 3時間ほど寝たところで娘に起こされる。
 昼からユーコさん宅へいき、女性陣が盛り上がる中、6人の子供の世話係を務める。さすがに6人もいると凄いわ。手に負えん。
 7時に西荻に戻り、エミ・エレオノーラの到着を待つ間、いんこさんの娘と凜の顔合わせとなったが、赤ちゃんと対面したことがないせいか、なかなか近づいていかない。
 そのうちにエミさんきて、ネコのぬいぐるみをいただくも表情は固いままであった。
 8時過ぎよりハートランドでエミさんの朗読イベント。途中、ぼくも加わってトーク。それからまたエミさんの朗読という構成。アコーディオンの弾き語りもあり、すごく好評だった。
 きていただいた方々に感謝。
 佐藤わこ、カワグチタケシ、斉木さんらと「ぽん藏」で軽く打ち上げし12時頃解散。
  
本日のメシ 朝・肉じゃが、野菜、みそ汁、飯一膳 昼・つまみなど軽食 夜・ピザ、ジャンバラヤなど
[PR]
by torokitao | 2006-03-20 18:21 | 日記