杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー

<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2.27 西荻ブックマーク

 10時仕事場。
 メールチェック。大半は迷惑メールで、あとは各種連絡事項や催促、注文は少ない。
 メールの返事や電話をしているうちに昼近い。急ぎ梱包など済まし、銀行へ行くも、すでに長い行列。かなり待って家賃など振り込む。
 
 長らく関わっていた自費出版本が刷り上がってきたので、台車を借りて配送。請求書も渡して、たぶんこれで一件落着。やー、カナさんシモマンご苦労様でした。打ち上げやりましょう!
 3時前に田中栞さんきてハートランドで5月から始まる本についてのマンスリー企画「西荻ブックマーク」の打ち合わせ。進行や参加費などつめる。少し雑談し、戻って単行本の校正続き。うー、時間がねえ。
 8時にまたハートランドにスタッフ集まり「西荻ブックマーク」の打ち合わせ。なんだかんだで11時近くなる。
 歩いて帰る。寒い。
 深夜まで校正続き。
 
26日のメシ 朝・野菜など煮浸し、おろし納豆、塩ジャケ、みそ汁、飯2膳 昼・肉まん1、あんまん1 
[PR]
by torokitao | 2006-02-28 18:39 | 日記

2.23-26 九州の古本屋

02.23-26
 23日11時の便で九州に行く。
 24日が親父の命日。48歳で死んだ親父と同じ歳になったんで、墓参りがしたくなったのだ。
 せっかくなので、九州の古本屋を少しまわってみようと、3泊4日のプランを立てた。
c0058594_1773520.jpg ●写真は博多の古本屋「バンドワゴン」。話すうちに素性がバレ、近所の痛快洞へ案内していただいた。2軒ともすごくいい感じで、ついつい長居してしまう。


 今年はこんな風に、なんか理由をつけては古本屋めぐりをやってみようというわけだ。そいつを旅日記にして本を作りますたい、と風塵社の小松社長に言ってしまったのである。
 「そりゃよかですねえ」、じゃねえや、「それはいいですねえ、でも取材費は出しませんよ、はっはっは」と小松社長が乗ってきて、「そんなもん、風塵社をアテにするようになったらわしもおわりじゃ」と、あっさり方針が決まったのである。
 福岡市で3軒、久留米1軒、飯塚市1軒、北九州市3軒を3日でまわった。25日は大牟田市在住のメルマガ読者である中山さんが案内役を買って出てくれ、クルマでまわることができた。感謝である。
 26日は、岡山で森くんと落ちあい、万歩書店本店と、倉敷のむし(虫が3つの字)文庫にも行くことができた。つきあってもらってありがとう。
 買った本は40冊弱。購入費は3万円ほどだろうか。
 旅費は交通費4万、食費など1万。ざっと計8万ほどだ。これは宿泊がすべて実家だったからで、そうでなければ10万コースだな。
 買値の4倍になるほどの本が入手できたわけではないので、今後はこのあたりが課題になる。本がさ〜、いいのがないのよなかなか。
 しかし、楽しい4日間ではあったので、どんどん続けよう。
 なるべく早く、「旅のトレトレ本」として新着に乗せるのでお楽しみに。
 つぎは4月に北陸、と思っておりますよ。
 
26日のメシ 朝・実家でパンとコーヒー 昼・倉敷でぶっかけうどんとカツ丼のセット 夜・岡山駅でビールとつまみセット
[PR]
by torokitao | 2006-02-27 17:10 | 日記
 早起きしてゲラを読み出す。
 娘起きて、ゲラを投げ散らかす。
 コホン。気を取り直して読み出す。娘、奪い取って走り回る。
 断念。
 
 猫モーが動きにくそうなのでエリザベスカラーを外してやる。
 猛然とカラダをナメ始めた。脱毛で皮膚が露出している部分。
 こらこら。顔を持ち上げ、ガーゼを湯に浸してふいてやるとうっとりした顔をする。で、湯を捨てに行って戻ると。
 また猛然とカラダをナメている。
 断念。カラーつけなおす。
 
 やっかいな確定申告の時期だ。だいたいギリギリになってヒーヒーと税務署に駆け込むのが定番。
 北尾堂は相方がそれを担当している。入金状況は筒抜け、去年はことのほか収入が少なかったらしい。不思議なのは相方が稼いだ金についていっさい情報公開されないことだが、申告をやってもらっているという引け目もあり、北尾の立場は弱い。しかも相方の担当であるにもかかわらず、細かい用件を振ってくるので、なんのための担当者か疑問に感じることも多いのである。
 今年もさっそくきた。
 「支払い調書がない。ここも、あそこも。たぶんなくした。再発行をお願いしといて」
 おれがかよ!
 何かやりきれない気持ちになりながら仕事場まで歩くのであった。
 
 すぐに買取本が届いたので査定。ついでに読みふける。
 気を取り直し電話やメール。気がつけばもう昼だ。新着入力開始。
 3時に文春の池延さんが文庫の件で来訪。途中で時間切れになり、池延さんを残して新宿に出てしまう。失礼な話であるなあ。反省。
 ジュンク堂で編集Iと待ち合わせ、次回企画の下調べ。店の方に親切に対応して貰い感謝である。喫茶店で軽く打ち合わせしてから仕事場に戻る。
 
 雑務片づけて8時に帰宅。
 録画していたNBAオールスター戦、やっと見る。
 
本日のメシ 朝・りんご、イモと野菜、パンケーキ 夜・和風のハンバーグ、ポトフ、韓国海苔、飯2膳
[PR]
by torokitao | 2006-02-22 10:20 | 日記

2,20 黙々と

 夕方まで仕事場にこもる。
「なぎさ」と単行本の前書き。その他もろもろ。
 7時、高円寺茶房で元南星堂の西原さんと待ち合わせ。カフェオレ飲み戸川昌士さんの「やられた!猟盤日記」買う。
 西原さんと居酒屋「道所」にいき取材、というか雑談というか(いつものことだ)。10時過ぎに別れる。
 
本日のメシ 朝・目玉焼き 夜・カンパチとアジの刺身、肉豆腐、
みそ汁、飯2膳
[PR]
by torokitao | 2006-02-21 12:49 | 日記

2.18 風呂で居眠り

 朝から仕事場。
 昼から「イレブン」で西荻丼打ち合わせ。
 1時、西荻ブックマークの会場を、今野書店さんに案内していただく。サイズも手頃で使いやすそう。ご親切に甘えて、ここに決定かな。
 アートランドでコーヒー飲み、仕事場に戻るとイイダアリコさんたち丼スタフが来訪。別部隊で作ったニシオギブンゲイを折ったりしつつ雑談。やー楽しいねえ。
 みんなが去って、ようやくダヴィンチにかかる。
 夜の9時すぎ完成。実家に長電話。
 家に帰り、猫の世話をして入浴してたら居眠りしてしまった。ハッと目が覚めるとエリザベスカラーをつけたモーが風呂の入り口に佇んでいた。ハゲだからボロボロの置物みたいで笑っていたら、後ろからツチノコみたなスーがきた。
 
本日のメシ 朝・野菜、パン少々 昼・「イレブン」でカレーのランチ 夜・パスタを自作
[PR]
by torokitao | 2006-02-19 10:54 | 日記

2.17 準備稿

 昼前に仕事場。今日もフル稼働だ。
 まずは注文本の確認。次いで若見さんと「翼の王国」打ち合わせ。
 5月に予定しているイベントの件で田中栞さんに電話。西荻ブックマークという名称で、一月か二月に一度のペースで継続していこうという計画があるのだ。
 記念の第1回は2本だてで、田中栞さんによる和本作り講座と、穂村弘さんのトークライブをやるつもりである。プロデュースは西荻に住んだり店を構えている有志の方々。ぼくもその一人として参加しているのだった。
 ぼくはやっぱり、本や、本のまわりにあることに関わっていきたい。あるときはひとりで。あるときは何人かの人たちと。
 何かをやればなんらかの結果がでる。もちろん失敗はつきものだが、そこから得られることは少なくない。刺激も受ける。変化のきっかけになることもある。そして、つぎの何かが始まる。それがおもしろいし、ぼくの場合だったらその元となるのが本に関することなのだ。
 ひとりでやれることっていうのはある程度やってきた思いがあって、いまの興味は「やりたいこと」によってユニットで動く方向に向いている。これはたぶん西荻コムを始めた事による変化だ。まあ、その昔、下関マグロとミニコミをやってたこともあるから、大勢でわいわいやるのは嫌いってわけでもないんだろう。共同作業が苦手なのは相変わらずなんだけどナ。
 
 書庫で次回新着本を選び、机のそばに運ぶ。すぐできるわけじゃないけど、これをやっとかないと、どんどん後回しになって、表紙撮影や入力作業にすすめない。兼業古本屋のつらいところである。
 
 新潮社からは文庫ゲラ届く。戻しは2月末だからなんとかなるだろうと袖机にしまいこもうとして、机上の本立てに置き直す。バカだからね、すぐにド忘れしてしまうのだ。
 
 2時に駅前のジョナサン。印刷された「裁判長、ここは〜」のシナリオ第1稿を見せていただく。ダブの宇田川さんに加え、フューチャー・プラネット安倍さん、中村義洋監督、共同脚本の鈴木さんまできてくれた。夢のある話をたくさん聞かせてもらう。
 
 戻って仕事続き。
 
本日のメシ 朝・肉野菜炒め、青菜とがんもどきの煮浸し、白菜と豚肉の蒸したもの、キムチおろし納豆、飯1膳 昼・肉まんとパン 夜・シチュー、パン
[PR]
by torokitao | 2006-02-18 11:49 | 日記

2.16 パツンパツン

 8時半起床。
 昼に仕事場。ファックス昨夜帰った後で届いたようだが今日はパツンパツンに忙しいのである。
 
 肉まんかじり、休む間もなく働く。メールも宅配便もいろいろくる。時間がない。
 4時半、ポスト関さん、編集担当の平野さん、写真の三島さん来訪。じっくり時間をかけて打ち合わせ。こちらのやりたいことを伝え、その線で取材にはいることになった。
 
 7時前に3人が帰り、所用で外出。
 移動中の読書は編集Iが初めて作った単行本「メイク・ア・ウィッシュの大野さん」(メデァアファクトリー)。タイトルが猿まねなのがアレだが、こういうのが売れるといい。ぼくの担当者は前々者の編集Kと前の編集Hが角田光代さんの本を作ったり、雑誌の枠にとらわれずやっているねえ。その割にぼくの本はさっぱり作ってもらえない、と自分で突っ込んでおこう。
 
本日のメシ 朝・アボガドとトマトのサラダ、パンケーキ、コーヒー 昼・肉まん1コ 夜・町中華でチャーハン
[PR]
by torokitao | 2006-02-17 12:14 | 日記

2.15 焼き肉うめ〜

 午前中、ダヴィンチちょろちょろ書き始めるが、文字数がまだなので
 できる範囲のみ。
 1時に品川でカンゴローと待ち合わせ、川崎のコリアタウンまで「なぎさ」の取材。ぶらぶら店に入ったり、おばちゃんの話を聞いたり。楽しいね。
 5時になるのを待って焼き肉屋。撮影してメシ食って、あとは雑談。
 うまい肉だなあ。カルビ、タン塩、モツ、たらふく食った。
 ゆっくりしたいところだけど、ダヴィンチの文字数が出ているはずなので9時には仕事場に戻る。だがファックスがきていない。ん、どうなってるん。
 9時半まで待ってみたが、やっぱりこない。約束は破られた。頭に来たので電話もせず、家に帰ることにした。後は知らん。締切もどうでもいい。それでメシ食ってるんだもん、やることはやろうぜ。
 
本日のメシ 朝・野菜の炒め物、さつまあげ、おろし納豆、みそ汁、飯1膳 夜・「杉の家」で焼き肉、コムタンスープ、石焼きビビンパ
[PR]
by torokitao | 2006-02-16 11:43 | 日記

2.14 チョコとは無縁

 仕事場で雑務やって代々木へ。あたたかい日。
 喫茶店で1時間ゲラを見たりして、ポット出版12時。沢辺さん、那須さん、高野さんと単行本の構成や不足しているものの確認をして、ようやく先が見えてきた。
 また代々木まで歩き、西荻に帰還。電話で取材の相談など。
 注文本の梱包と発送をやり、夕方いったん帰宅する。
 9時に家を出て山下書店経由でダ・ヴィンチ編集部に10時半。
 こんな時間から撮影や打ち合わせをするなんて、追い込まれている証拠である。
 終了2時過ぎ。帰宅3時。ふぃ〜疲れたー。
 
本日のメシ 朝・ローストビーフ、サラダ、パン 昼・中野駅で立ち食いそば 夜・あさりのパスタ、スープ、パン
[PR]
by torokitao | 2006-02-15 11:05 | 日記

2.13 茶房高円寺書林

 仕事場をシェアしているシモマン、大宮君がくるまえにと、早めに行って昨日の後かたづけ。
 が、やってきたシモマン、無言で掃除機をかけ始める。あれれ、かけたんだけどなあ。見ると古本からこぼれたらしい紙片がちらばっていた。うぅ、古本屋のサガなのか、古本がらみのゴミは目に入っていなかったのだ。
 目が曇っておる。
 雑務をやり、午後は新着本の入力。大宮君が持ってきてくれた自作サンドイッチをごちそうになる。撮影のためつくったそうで出来が不安だったがうまかった。
 夕方、茶房 高円寺書林を初めて訪問。感じのいい仕上がりになっている。ゆったりコーヒーを飲み、文庫本2冊購入。
 早めに帰り、娘を寝かしつけようとしたら自分が爆睡。10時。
 
本日のメシ 朝・コンビニのパン1コ 昼・サンドイッチ 夜・バラ寿司やおこわなど、お椀
[PR]
by torokitao | 2006-02-14 09:26 | 日記