杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー

<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

10.04 大車輪

 9時起床で出遅れたがなんとか昼前に仕事場。今日は忙しい。
 注文本の発送作業。銀行、郵便局、大量のコピーとり。ヘイ・オン・ワイ旅行の土産プレゼント、発送が遅れていたものもやっと送った。しょうもない土産しかないが売ってないのだ。カンベンしてほしいのである。
 
 明日までに書く原稿のプランを考える。新しい企画も考え、メモを作る。
 それから信愛書店で売ってもらう本に値札をつける作業。しこしこと地道にダンボール2箱分。値札にタイトルを書いていたら指が痛くなった。
 カートに乗せて運び入れ、戻ると汗が噴き出していた。時計は4時。各方面へメールで連絡。スケジュールが大変なことになってきている。ぼくにしては、ではあるが、今月はテンパっているのだ。
 ぐったりしてきたので、コーヒーを飲んで休憩。
 夕方から新着本の入力作業をやって、気がつけば8時。慌てて新宿にかけつける。高野さん、斉木さんと単行本の打ち合わせ。
 雨なんで手近なビルにあった「ちゃんと。」という気色の悪い名前の居酒屋に入る。なかはまあフツーだったけどね。
 その後、所用。飲みつけない酒が入り、気が大きくなってまた飲んでいたら気分悪くなる。
 深夜の路上でゲロッパ。そのまま外泊。
 
本日のメシ 朝・ポトフ、サラダ、オムレツ、パン 夜・飲み屋でいろいろ
[PR]
by torokitao | 2005-10-05 11:33 | 日記

10.03 なぎさ打ち合わせ

 午前中、仕事場でシャキシャキ働く。請求書なども書く。
 1時、神楽坂の坂の上スタジオで、「なぎさ」杉本さんを中川カンゴローに紹介し、打ち合わせする。日本橋うさぎやのどらやきをいただいた。感謝。
 打ち合わせ終了後、イギリスの写真を見る。ページ構成も考えてみた。12ページなら楽勝だ。
 所用をすませてから帰宅。
 今日も入力作業。

本日のメシ 朝・焼き魚、がんもと野菜の煮物、納豆、海苔、みそ汁、飯一膳 夜・うどんすき
[PR]
by torokitao | 2005-10-04 09:32 | 日記

10.02 出張買取

 今日は中野まで、久しぶりの出張買取をした。
 クルマがないので赤帽を手配してまで欲しい本があったというより、出張買取をしたかったのである。今日のは距離も近いし、冊数もまとまっていたので、まあ特別です。じき、クルマを買ったらまた積極的に買取をやります。
 そんで、本はさておき(「タキモトの世界」とかあっておもしろかったんだが)、これから結婚を控えたカップルが、新居に引っ越してきたあとから、ダンナの持っている本を処分することになったというのが興味深かった。
 本というのは読まない人にとっては何の価値もないものなのだ。場所は取るしね。奥さんとなる人に「ノー」とダメだしされたってことで、売ってくれた人は少し寂しそうだった。
 昨日はブッ○○フにきてもらったそうで、聞けばすごく安く買いたたかれている。ぼくはといえば、久しぶりの興奮も手伝って、可能な限りの値段をつけたつもり。まあ、絶対ソンしない自信はありますが。
 赤帽さんと喋りながらサパナに荷物を運び入れ、大汗をかいた。カフェに石澤さんが遊びに来ていて少し雑談。1歳にならない子供、彼女にそっくりである。
 
 夕方、家族で井草八幡。祭りのフンイキがみなぎっていていいもんだ。ビールに焼き鳥など。買い物もして帰宅。
 アイスクリームなどほおばっていると、相方がポツリ。
「最近、古本あまり売れてないんじゃない?」
 ドキッ。
「事務所、新しいところ借りるなら、家にある本持っていってほしいな」
 ま、ま、そうでしょうそうでしょう。本は危険、本はかさばる。
 うむ、と頷きながら、古本ガンバロウと思ったことだった。
 2時間ほど新着本の入力と、品切れ本の整理など。これからピッチをあげて、早くナンバーを4ケタにしたい。現在700番台だけど、売り切れ分を除けば、アップされているのは半分程度と思われる。
 「失踪日記」を10冊以上売ったように、今年は少数精鋭で的を絞った仕入れをしようと考えていた。複数の在庫を抱えていれば、品切れにもなりにくいからだ。
 でも、実際売ったのは700冊ほど。いまのシステムに移行する以前の分を会わせても100万円にもならないんだから、今年は北尾堂史上最低の売り上げなのは間違いない。失敗であった。少数精鋭にもほどがあったというか、在庫がたくさんあるのに、ただ眠らせておくのはどうかって話だ。
 相方の洞察は鋭いのである。どうりで小遣いがないはずである(ぼくは原則的に古本屋と北尾堂の出版物の売り上げで、必要経費や仕入れ代や遊びや外メシをまかなっている。しんどいときはカードも使いますがね)。
 まあ、そんなもんだろうと思ってはいた。昨年と今年は子育てですからしょうがないのよ。古本よかおもしろいことにブチあたってしまったんだもん。今後、徐々に立て直していこう。
 で、思ったのは、再入荷の本について。これまで、たまに「再入荷本」として新着のうしろにくっつけたこともあったけど、だいたいはひっそりと元の位置に戻す方法をとっていた。
 ところが、これだとラクではあるが、目録に動きが出ない。並び方がシャッフルできないのだ。そこでこれからしばらく、一度品切れになった本が再入荷したときには、新しいナンバーをつけるようにしようと思う。そうやって、目録を見る人にマンネリ感を与えないようにしたい。
 
本日のメシ 朝・べーコン、イモなど、パン 夜・縁日で焼き鳥、牛串焼き、お好み焼きなど
[PR]
by torokitao | 2005-10-03 00:47 | 日記

9.30 印刷解体2

 ヘイ・オン・ワイ目指してイギリスに飛んでからもう1カ月。早い。戻ってから何をしていたか、旅行中との密度の差にガクゼンとする。なかなか進まぬ原稿のせいにしていたけど。10月はもうそんなことも言っていられず、長く苦しい日々になるだろう。長く苦しいのは仕方がないとして、その先に「充実した」とか、「シビレるような」とつながるようにしたいもんだ。

 今日は昼前から仕事場でコツコツ原稿直し。郵便局。メールや電話をいくつも。ハートランドに集金。
 雑務に一段落つけて、ようやく渋谷のロゴスギャラリーに行く。もちろん「印刷解体2」を見たいがため。ちょうど日月堂さんもいた。
 う〜ん、昨年を上回る素晴らしい展示だ。見ているだけで楽しい。紙モノ1枚購入。待ち合わせたダ・ヴィンチIは、自分の名前の活版を組み合わせて買っていた。
 そばのカフェで次号打ち合わせをしてから、渋谷駅で三田君と落ち合い、ラケルが名称を変えたレストラン。4年ぶりに会うのだが、その間にオークラ出版に転職していて、職場の話がめっぽう面白い。
 企画の話もやたらと盛り上がり、気がつけば数時間が経過していた。
 三田君と別れて某所へ。外泊。
 
本日のメシ 朝・「一圓」でミソラーメン 夜・「元ラケル」で和風オムライス
[PR]
by torokitao | 2005-10-01 16:25 | 日記