杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー

<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

10.14 これから寝るのだ

「こうき心」ゲラチェックから一日がスタート・・。
 風塵社・小松氏から明るい声で電話。打ち合わせしたいとのことで来週会うことになる。3冊目の古本本、今度はオンライン古本屋シリーズではなく出そうと意見が一致。どうしたって古本屋やってる話は出て来るにしても3冊も同じスタイルはクドイ。書いてるこっちも飽きる。
 それはいいのだけど、そうなるとコンテンツをどうするかだ。これまで前半は雑文で後半は日記にしてきたのを変えるとなると・・。
 タイトルは浮かんでいて「古本で遊ぼう」にしようかと。ふざけた人間じゃけえ。古本遊び人じゃけえ。どうっすかね。ママと遊ぼうみたいかな。「古本で遊びたい」のほうがいいか。「古本で遊ぶ99の方法」ってそんなにねーよ。
 でもって中身だ。ここ2、3年やってきたことのなかで書いておきたいのは各種イベントのことや今回の古本村旅行、これからやることになりそうな年末の古書展あたり。ここまではいいとして、日記も好きなんだけど、それをやると変わりばえしないし、たまには本のことを書いてみようか。サイトにも一部出しているけど、本の紹介記事、けっこう書いてるんだった。それと、古本屋目当ての旅行ね。これぜひやりたい。
 
 二度寝し、飯など食べ、チャリで仕事場に行く。今日は暑いから歩きたくない。
 翼の王国「タイ≒象」ゲラと抜け部分のキャプションを書いた途端に「まだですか」の電話。あぶないあぶない。すぐにファックスする。
 直後にライターの藤本さんから電話。ダンテで、「東京人別冊杉並特集」だったか、古本屋について取材を受けた。アイスコーヒーがおいしい。
 サパナに戻ったらついに編集Iから電話がかかってきた。
「どうですか、煮詰まっていませんか」
 煮詰まるもなにも、まだ1行も書いていないのだ。
「・・・」
「しかし、これからがんばる気はある、もちろんある」
「・・・じゃ、明日の昼までにはおねがいします」
 
 発送作業をしたし、ハヤシちゃんが遊びにきたし、いただいた東京人に目を通してしまったり電話がかかってくるしで、6時まで何もできなかった。そばにいるシモマンは着々と年賀状用のイラストを仕上げており(サパナでは年賀状の販売をしているので、いまが忙しい)、ぼくとしても気持ちはあせるのだけど、ポツポツとしか進まない。
 7時あたりから調子出て、原稿を始める。晩飯後、しばらく読書。こういうときほど読みたくなる。そういや今週あたりビリヤードの話があったけどどうしたかな。オレが連絡するって話だったっけ。ボケ老人かよ。どっちにしても今日は無理だったわけで来週かな。
 サパナカフェも終わり、いよいよひとりになって、せっせせっせと書く。明け方5時前に完了。送信し、このまま帰るか、新着本でもやるか迷いつつ日記を書いている。
 
 本日のメシ 朝・肉じゃが、ししゃも、たこキムチ、みそ汁、飯2膳 夜・「大松庵」でカツ重セット
[PR]
by torokitao | 2005-10-15 06:00 | 日記

10.13 打ち上げ

 娘を善福寺公園で遊ばせてから徒歩で仕事場まで。
 3時までやって、表参道の木村デザイン。「翼の王国」ヘイ・オン・ワイのレイアウト入れだ。タイトルは「王様と古本」にした。
 スムーズに終わり少し時間があったので、日月堂に顔を出す。お客さんも交え1時間ほど雑談。12月、銀座松坂屋の古書展にでないかと誘われる。本格的な参加はムズカシいが、フリマのような参加方法もあるというので、前向きに検討することにした。
 それから、祖父江慎さんの事務所コズフィッシュ。東陽片岡さんもきて単行本の打ち上げを「タヒチ」という店で。楽しく話していたらすぐに11時。四谷経由西荻、タクシーで12時帰宅。
 
 本日のメシ 朝・にぎりめし、みそ汁、キムチ、お新香 昼・夜・「タヒチ」でタイ料理などいろいろ
[PR]
by torokitao | 2005-10-14 08:16 | 日記

10.12 本の値頃感

 8時半起床。
 午前中、仕事場でアンケートの整理。これがおもしろくて、つい読み込んでしまう。
 本の値段についての質問で、いくらくらいで購入を躊躇するかという質問があるのだが、その理由として、食事や他の娯楽との比較で相場観を持っている人が多くて、なるほどなあと思う。
 映画1本分、CD1枚分、DVD1枚分、ランチ1回分、飲み屋1回分、焼き肉1回分、その金で文庫が何冊買えるか・・。基準は人それぞれだけど、なんかわかるなあ。
 ぼくは2000円でちょっと考える。ジャンルにもよるが、最後まで読み通せそうか、買い逃すとすぐに書店から消えてしまいそうかを考慮の上、レジに運ぶ気がする。
 しかし古本屋でもあるので、読んでから北尾堂で売れるなと思う本なら基準が少し上がり、3000円くらいの本はむしろ好んで買っているかな。なぜなら、そういう本って上記のような理由で、欲しいけど買わなかったって人が多そうに思えるから。であれば、古本屋としては買いますよ。半額で売れば、ぼくも、買い損ねた人も、予算内で読めることになる。この部分が、古本屋を始めて変わった点だ。さらに言えば、最近は本の収納場所がなくなってきて購入を控える心理がでてきた。これはせっかくの好奇心を削ぐことになるのでイカンですね。
 あと、逆に妙に安い本があるでしょう。そういうのは理由があるに違いないと警戒する。上げ底か復刻か、場合によっては実質自費出版本に近いケースもあるので。
 
 昼食後、「東京人」ライターの人から取材の依頼。杉並特集(別冊か)を出すのだそうだ。
 それからトークライブまとめ作業にかかるも苦戦しイラつく。ふだん原稿書くときはJeditでやってて、今回、ワードを使ってるんだけど、ワードって重いのな。
 5時半までであきらめ、坂ノ上スタジオへ行ってイギリス古本村の写真受け取り。明日がレイアウト入れなのだ。切り出しまでやってくれたので助かった。コーヒーごちそうになり30分ほど雑談。
 
 7時半、上井草で相方と待ち合わせて夕食。
 帰宅後は娘を風呂に入れ、寝かしつけていたら自分も寝てしまい、気がつくと夜中の3時半。少しビール飲んだらこれだよ。
 モゾモゾ起き出したが、ダ・ヴィンチからのファックスは来ていない。あれれ、どうしたのかな。書けないぞ。
 それでも目覚めたことだしと、コーヒーをいれてパソコンに向かい、トークライブ続きをやっていたら、5時にダ・ヴィンチのラフレイアウトが送られてきた。ひぃ〜、編集Iのやつ徹夜態勢だ。恐るべし。
 
本日のメシ 朝・カレー味のスープ 昼・「さらさ」で刺身定食 夜・「凜」でバンバンジー、餃子、タンメン
[PR]
by torokitao | 2005-10-14 08:00 | 日記

10.11 協力者たち

 2時間寝て、眠い目をこすりながら10時に新橋のUFJ総研。エコノミストの森永卓郎氏を取材。なぜかダ・ヴィンチで。売れっ子の森永氏なので、時間は30分。10時半に終了。
 アマンドで遅い朝食を摂り、打ち合わせ。西荻までハラダ氏に送っていただく。感謝。
 注文本を梱包して郵便局から発送し、本屋本の原稿リライト。昨秋の新世紀書店プレイベントでのトークライブをまとめるのだが、これがけっこう時間がかかる。夕方までやって、やっとひとり分。
 編集Iからの、メルマガ読者へのアンケートを号外的に発行してから徒歩で帰宅。7時すぎ。食後にチェックするとたくさんの返事が来ていた。ありがたいことである。
 こうしたアンケートはこれで3度目か4度目になるが、いつも思うのは、古本を買うのとは別の、30〜40代読者層が存在するということだ。古本に興味はない、あるいは北尾堂のラインナップには食指を動かされないけど日記は読む。そういう方々がいて、こういうとき力になってくれる。まあ、喜んでいいか悲しんだらいいかよくわからないけれども。
 深夜まであれこれ働きマン。原稿を書くまでの集中力はないが、雑務だけでもその日のうちにこなしておかないと、後が大変。月末に向けて流れが急になるのが目に見えている。その先に待っているのが滝だとイヤだなあ。
 2時、気絶。
 
本日のメシ 朝・新橋「アマンド」でモーニングセット 昼・「大松庵」でやまかけそば 夜・おでん、ひじき、飯半膳
[PR]
by torokitao | 2005-10-12 10:35 | 日記

10.10 まぬけだ・・

 ヤキがまわってんだわ、いろいろと。
 カギと携帯電話を自宅に忘れたのである。
 だが自宅には誰もおらず相方の電話番号も覚えていない。
 サパナカフェも今日は休みでユーコさん宅をノックするも不在。
 仮に仕事場に入れたとしても、自宅に戻れないと着替えることもできないわけで、となると相方の実家へ行くしかない。
 所沢まで行き、徒歩で20分、カギを受け取って徒歩で駅まで戻り、自宅へたどり着いたら疲れ果てていた。
 で、仮眠。マヌケだなあ。
 深夜に起き出して「昭和語」と「本屋さんの本」の原稿&原稿整理。
 そしてまた目がショボついてきて眠るのであった。
 午前6時。眠いのになぜか眠れず日記なんて書いてて取材に遅刻しそうな予感がしているおれのばかばかばか
 
本日のメシ 朝・ブロッコリーなど野菜のおかず、自家製パン 夜・立ち食いうどん
[PR]
by torokitao | 2005-10-11 13:45 | 日記

10.9 新着本

 家にいては働かないので、4時半頃事務所へ。
 新着本の準備を20冊ほどやる。アップは10日にしよう。となると、何だか名残惜しくなり、目を通してしまう・・いつになってもこのクセは直らない。
 やること山積みなんでこれで引き上げるわけにはいかないんだけど、原稿を書く集中力が不足気味。これではだめだ。
 しかたがないので新着本の撮影など、頭を使わないことをやっておこう。
 深夜に新着本をアップ
 
本日のメシ 昼・ソーセージ、エリンギなど炒め物、ポテトサラダ、トースト
夜・「八龍」でラーメンとチャーハンのセット
[PR]
by torokitao | 2005-10-10 20:56 | 日記

10.08 弁護士との会食

 昼過ぎにベビーカーを押して善福寺公園へ行く。そうしたら雨が降り始めてしまい、雨宿りするところが一カ所しかないので、子供とその母親たちが数組、そばでペチャクチャやっている。どうも居心地が悪い。
 そのうち話しかけられたりして、なんともなーな昼下がりだった。。
 
 夕方から外出。駒込で「気分はもう、裁判長」でお世話になった村木・打越弁護士夫妻と3歳の息子、担当の坂本さんと一緒に食事。めちゃめちゃおいしいイタ飯であった。
 夫の村木弁護士は、なんと埼玉愛犬家殺人事件の関根元被告の弁護人。向こうもぼくのことは知っているという。弁護人も傍聴席に誰がいるかはチェックするのだそうだ。さらにこの人は本庄保険金殺人事件で八木茂の愛人であり共犯者だった武まゆみ被告の弁護や、殺人事件を起こしたプロ野球元ロッテ選手の弁護人でもあり、埼玉で起きたヤバめの事件はだいたいこの人が弁護することになってしまうらしい。
 当然、話の内容は濃すぎるほど濃い。事件の裏側、裁判の裏側を、話せる範囲で話していただき、驚きと興奮の連続。いいねえ。すばらしい弁護士さんと知り合いになることができたなあ。
 10時過ぎにゴキゲンで帰宅し、そのまま寝室へ直行。
 
 夜中の3時にバシッと目覚めてしまったので、もぞもぞ起き出してコーヒーを飲み、パソコンに向かう。ゴキゲンで寝ている場合じゃなかったのだ。今週もまた締切破りとなったAMDSコラム、次週の分もまとめて書く。
 来年やりたい企画の整理をしていたら朝。このまま起きていると昼にはガズ切れになりそうだからと理由をつけて再び寝床へ。6時。
 
本日のメシ 朝・ひじき煮物、卵綴じ、みそ汁、飯一膳 昼・パン 夜・「COCINA」でイタリア料理
[PR]
by torokitao | 2005-10-09 10:54 | 日記
 午前中「翼の王国」ゲラチェック。梱包→郵便局。
 新着を少しやったところで時間切れ。
 2時、ダ・ヴィンチの取材で筑摩書房の松田哲夫さんに話を聞く。プリマー新書って原稿のボリュームはわざと少なくし、紙質を工夫して厚さをだしているという。
 終わってすぐに地下鉄で移動。九段下駅から走ってジュリアン出版。息が切れるのは歳のせいか。下関マグロと待ち合わせて、単行本の打ち合わせ。といっても、ぼくが何もやってないので今後のスケジュールを決めるくらいしかやることがなく申し訳ない気分だ。
 外に出て携帯をチェックすると斉木さんから伝言が入っていた。
「ミーティング始まってますよ」
 しまった。欠席の連絡をするのをすっかり忘れていた。反省。
 喫茶店にてマグロと雑本トークを収録。久しぶりなので4本ほどまとめとどり。雑談が楽しいのでもっとゆっくりしたいけど、そうもいかず。
 いつの間にか雨になっているなか、神保町まで歩く。これじゃ店頭均一台は引き上げているだろうから、古本屋チェックはまたにしよう。今日はまだ後があるのだ。
 渋谷のダ・ヴィンチ編集部に。タキちゃんがいたので本を進呈。編集Iと会議室にこもり、2時間ばかし売れ筋の本のコストパフォーマンス調べをする。電卓片手である。メドがついたところでIと相談して、企画を練り直していく。
 だいたい、いつもそうである。最初から全体の構想を決めるというより、取材によって当初の思い込みがくつがえされ、思いがけない方向に着地するパターンのほうが、やってる身としては楽しいのだ。それでいつもギリギリまでかかっちゃう・・コストパフォーマンスよくないねえ。
 外に出ると雨がやんでいた。
 帰宅11時前。遅い晩飯を食う。
 
本日のメシ 朝・野菜の炒め物、おろし納豆、海苔、みそ汁、飯一膳 昼・「カレン」でオムライス 夜・カキフライ、サラダ、スープ、パン
[PR]
by torokitao | 2005-10-08 14:14 | 日記

10.06 チヂミがうまい

 3時間寝て11時起床。
 ねむ・・
 昼から仕事場に出勤。まずは注文本の発送作業をやる。面倒だけど、注文あっての北尾堂っすからね。その割に、大型の封筒が切れていて、カッコ悪い梱包になってしまったが。
 やはり市販の梱包材のほうがいいかなあ。保管に場所を取るので、このところプチプチを使って包んでいるのだけど、たまに冴えない梱包になってしまうことがあるのだ。事務所が変わるときに方針を考えるかな。
 あ、サパナは年内でなくなるので、それまでに新しい仕事場を確保しなくちゃならんのです。西荻で探す予定なんで、位置的には似たようなものだけども。
 鉄人社オガタから原稿OKのメール。
 ホッとして、今日が締切の「R25」コラムを書く。けっこう手こずって、書き終えると4時になっていた。田沢君に送信し、OKもらう。
 たとえそれが書き直しにつながったとしても、こんなふうに担当者からのレスポンスが早いと気持ちよく仕事ができる。
 新着本を撮影し、データを取り込んでいるうち、30分ほど気絶していた。シモマンと神楽坂へ。カンゴロー夫妻、かおりさんと合流して「いっぽ」という韓国料理屋に行く。ここのチヂミは激ウマ。料理すべて美味しい。
 あれこれ話すうちに11時。仕事抜きのこういう食事は楽しいなあ。
 東西線〜西武線、帰路の友はナンシー関と福田和也。
 
 帰宅後、古本村について冷静に考える。やっていけると人を説得できるだけの材料が必要だと結論出る。時間も必要。あせりは禁物。
 
本日のメシ 昼・チャーハンと餃子入りスープ 夜・「いっぽ」で韓国家庭料理
[PR]
by torokitao | 2005-10-07 11:25 | 日記

10.05 朝まで原稿

 喫茶店でモーニング食って朝帰り。
 シャワー。
 義母、孫の面倒を見にきてくれる。
 バスで西荻まで。
 新着本をアップし、メルマガを発行。メールチェックしてパソコンに向かってみたが。
 やる気がしねぇ‥‥。
 
 「がざびぃ」に西荻丼を届け&集金。落語会をやるそうで、西荻丼の皆さんでどうぞと招待券をいただく。感謝。
 帰り、「ゴゴシマヤ」へ寄る。店主の石丸さんと話しているうちにコーフンしてきて、ますます原稿を書く気力が彼方へ。その後「音羽館」にもチラリ。
 せめて出だしくらいと思い直し「好奇心」書き始めた途端に激しい工事音が。どこじゃい!と窓を開けるとサパナの入っているビルであった。
 振動もあり、これじゃ仕事にならん。
 と、それを待っていたかのように「翼の王国」のゲラが出る。たしかに、これならできそうだわな。でも全22p、ファックス送信だけで1時間近くかかるってなあ。写真だけのページはファックスすんなよ〜新米くん。
 待ちくだびれ、結局ファックス持って帰宅することに。
 深夜までのらくらすごしてから仕事。
 朝までかかって「好奇心」書く。
 
本日のメシ 朝・サテンでモーニングセット 夜・パスタ、サラダ、パン
[PR]
by torokitao | 2005-10-06 12:06 | 日記