「ほっ」と。キャンペーン

杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

6.29 クーラーは涼し

 読者の方から教えてもらったところによれば、シャラポワの大声はやはり問題になっているそうだ。対戦相手にとってやりにくいはずだから、準決勝要チェックである。
 しかしシャラポワは美人だからいいよな。相方も「美しい人が躍動姿はうっとりする」とかいいながらテレビ見てるもん。
 個人的にはシャラポワより、杉山とダブルを組んでいるハンチュコワが好きである。ハンちゃんはいいよ。ただメンタルが弱いのが難で、シングルスではあまり上にいけないのが惜しい。
 それにしても、今年のウインブルドンは天気が良くて中断が少ないねえ。ぼくが取材に行った89年は、何度も中断してカバーが掛けられていた。雨の間はやることもなく、ぼんやりコートを眺めていたものだ。それでもウインブルドンはやっぱり雰囲気が良くて、いつまでいても退屈はしなかった。翌年、USオープンにいったときは、早く試合が終わらないかな〜と思っていたものだけど。
 当時、テニス雑誌の仕事をしていたのだけれど、いまとなってはなぜそういう仕事をしていたのか不思議な感じがする。でも、おかげでいまでもテニスを見るのが好きだ(やるほうはひどかった@軽井沢)。
 そして、唯一、仕事に関係なく好きになったスポーツがバスケットで、今年から始まる日本初のプロバスケ・bjリーグを楽しみにしている。名称はひどいが、所沢での試合が多い埼玉ブロンコスを応援するつもりだ。いや他のチームもどうかと思う名称が多い。東京アパッチである。インディアンの部族名がなぜって話だ。大阪エヴェッサはえびすさん(えべっさん)が語源である。なんでわざわざB級な名前にするかなあ。まあいいんだけどさ。埼玉ブロンコス。
 
 さて、今日。
 考えた末、R25レビューの仕事をやめることにし、その旨をフジイ編集長に連絡。創刊1年たって軌道に乗っているし、ダラダラ続けてもこちらは編集の素人。ここから先はたいして役に立てないだろう。読者対象との年齢的ギャップもある。もともと立ち上げを手伝う気持ちで始めたこと。引き際がカンジンだ。でもいちおう相方には言っておくか。
「さらに金欠になるけどしゃあないわなあ」
「フジイくんと仕事を気にしないで遊べるようになるんだからいいじゃん」
 むう、いいこと言うね。

 待望のクーラー取り付け工事。温暖化の敵だけど、アトピー娘がいるので1台だけつけさせてもらうことにした。
 工事の人に挨拶して徒歩で西荻までいって仕事にかかる。注文本発送のついでに「ダンテ」でアイスコーヒー。これ飲むと夏がきた感じがする。
 サパナに戻ると石堂まゆさんがいたので雑談。気分転換になって楽しい。大宮くんを訪ねてきた「サーカス」編集者と少し話して徒歩で帰宅。おー涼しくなっているぞ。
 ウインブルドン見ながら原稿。サッカーもはじまったが、途端に眠くなるのは、サッカーファンじゃないからだろう。1時過ぎに就寝。
 
 
・本日の飯 朝/みそ汁、夏野菜の漬け物、きのこと野菜の卵とじ、飯一膳 夜/豚肉生姜焼き、野菜の焼き物、さつま揚げ、飯一膳
[PR]
by torokitao | 2005-06-30 11:47 | 日記

6.28 クーラーほしい

 朝からうだるような暑さと湿気。
 銀行で家賃を振り込み、仕事場で「西荻丼」のゲラチェックをし、印刷所に戻す。あとは完成を待つばかりだ。
 午後、所用で外出。夕方からリクルートで「R25」編集会議に出席するが、表を歩いていたためヘロヘロのうえ考えることがいろいろあって、ほとんど発言できず。企画も通らない。
 西荻に戻って雑務を片づけてから帰宅。まだクーラーのない我が家は、ムシムシしている。
 ウインブルドン、シャラポワ戦を見る。打つときうるさいなあシャラポワ。以前、モニカ・セレスがうるさかたっときは選手間からクレームがついたりしたけど、セレスで慣れたのか、最近は気にしないようだ。セリーナ・ウイリアムスも野獣のようだしな。
 
・本日の飯 昼/サンドイッチ 夜/夏野菜のパスタ、パン
[PR]
by torokitao | 2005-06-29 10:10 | 日記
 昼から西荻。
 仕事は停滞気味。暑いしだるいしで早めに切り上げる。こんなときにいくらがんばってみたってロクなものは書けやしない(自分への言い訳)。
 ハートランドで「西荻カメラ」の精算、15冊分で2万円ほど。月末のしんどい時期なんで助かります。追加納品も10冊。
 コーヒーを飲んでから自転車で「いなげや」。相方が買い物する間、娘と遊ぶ。夜もずっと遊ぶ。寝る前に、UAのCDを聴くのが娘の日課になっている。子供向きの曲を集めたものがあるのだ。
 クーラーは明日にならないとこないので、扇風機を出してしのぐ。軽井沢で買ってきた深沢七郎を読む。
 扇風機の風にあたりながら川の時になって寝る。
 日々是合宿(マクラ投げなし)。
 
・本日の飯 昼/「天竺」でカレー 夜/タコライス
[PR]
by torokitao | 2005-06-28 11:49 | 日記

6/25,26 軽井沢

6.25,26
 徹マン明けで軽井沢へ。
 これはなんといえばいいのか、古本屋の慰安旅行でしょうか。
 ハートランド、れいどばっく、月影、オヨヨ書林、杉並北尾堂の5店と、ちょみょ、奈良さん、榎本さんの女性トリオの計8人が参加。
 月影さんの知り合いの別荘に遊びに行き、バーベキューでもして、たまには息抜きしましょうって企画だが、軽井沢のりんどう文庫で本を買うことがもうひとつの目的である。ぼくはまだ行ったことがなかったのだ。
 りんどう文庫、店の佇まいからして掘り出し物がありそうでワクワクする店なのだ。土日とも行って、計3時間ほど本を見た。口の減らない我々も、本を見ているときだけは集中して静かである。
 ぼくは「ガッツ」とか雑誌を少々と、本を数冊。大漁ではないけど、おもしろいセドリができた。
 あと、テニスもした。これが走れなくてねえ・・気持ちはあるんだけど足が動かないのよ。
 軽井沢も暑かったが、東京の湿気は強烈で、戻ってから気分が悪くなりそうなほど。不在中に、相方はクーラーを買ったらしい。
 
・本日の飯 朝/和食バイキング 昼/ピザ 夜/バンバンジー豆腐、ナスの煮物、もずく、そうめん
[PR]
by torokitao | 2005-06-27 12:49 | 日記

6,21 またマンガ喫茶

 つぎつぎに在庫本を手にとってはパラパラめくっていると、何もしてないに等しいのに、それだけでだんだんいい気持ちになってくるのは困ったもんだ。今日も午前中はでかけて元気が良かったけど、午後、仕事場へ行ってからは古本まみれになってしまった。
 合間を縫うように「なぎさ」原稿を書く。約2千字で終わり、送信。
 新着本もやるかと腰を上げ、本の撮影を始めたら、すぐにカメラが電池ギレで、10冊に満たないアップになる。ここんところ古本があまり売れてないけど、在庫を増やすいい機会だと思ってめげずにやるさ。
 半端な時間ができたのでマンガ喫茶で2時間ほど。普段マンガ読まないけど、オレ好きだなあマンガ喫茶。でもいつも思うのだが、客がどーも冴えないのはどうしてだろう。人のことはいえんか。オレも、あのオヤジ暇だねーまたきたよとか思われているかもしれない。
 仕事場に戻って大宮くんの友人・山口さんに会う。西荻丼レイアウトの件でシモマンを待つが、こないので彼女にまかせることにし、10時にサパナを出る。
 
・本日の飯 昼/総菜パンを3コ 夜/「コタン」で味噌ラーメン
[PR]
by torokitao | 2005-06-22 11:27 | 日記
 今日からまた実家に行く相方と娘と駅まで行き、ぼくは携帯で会話ができなくなってしまったので、バスで吉祥寺。
 藤井書店を覗くが本は買わず。でも古本屋の匂いを嗅げてよかった・・なんじゃそれは。
 ドコモへいくと原因不明とのことで機種取り替え。待ち時間に靴屋と服屋、ベローチェでアイスコーヒー。
 仕事場に行き、シモマン、ユーコさんと食事。ハートランドにもいってコーヒーを飲む(古本購入はなし)。
 新着本をアップ。夕方まで仕事をして早めに上石神井に戻り、ドトールでまたアイスコーヒーをのみながら本を読む。「話の特集と仲間たち」がおもしろくてなあ。
 ぼくはこの雑誌には“間に合わなかった”クチで、手に取った頃には10代だったせいもあり、興味が持てなかったんだが、あらためて初期のをまとめて読みたくなった。このところ表紙イラストレーションが横尾忠則だったころのものなど古書価も上がってるみたいで、今後は入手しにくくなるんだろうな。
 話の特集に刺激されて、いろんな企画のことを考えていたらあっさり12時をまわった。やーイカンなあ。
 深夜、NBAファイナル、延長戦の末ピストンズ負ける。オーリー逆転3ポイントが痛い。まったくオーリーってやつはこれだから憎たらしいのだ。うーん、これでスパーズのホームに帰るとなると、連覇はむずかしくなったか。
 さらに「話の特集と仲間たち」。読了して寝る。
 
・本日の飯 昼/「食堂ロンドン」で肉野菜炒め定食 夜/肉じゃが、納豆、磯海苔、ナスとセロリの煮物、飯一膳
[PR]
by torokitao | 2005-06-21 09:45 | 日記
6.19
 携帯壊れて会話不能に・・取り替えかなぁ
 今日は遠足、じゃなかった、新宿御苑にピクニックである。3家族が集合。あやちゃんの誕生日でもある。
 新宿御苑は広々していて、人口密度もさほどでないし、とても気分がいい場所だ。入場料200円も惜しくない。12時から4時前まで、子供たちはたっぷり遊んだ。親は体力負けである。
 日曜日らしく、仕事は休みにして、のんびり。

・本日の飯 昼/おにぎりやらサンドイッチやら卵焼きやらいろいろ 夜/そうめん
[PR]
by torokitao | 2005-06-20 17:12 | 日記

6.18

 自宅で西荻丼の原稿書き。
 夜、「100万人のキャンドルナイト」なるイベントがあり、娘を連れて行く。会場として早稲田のグラウンドが解放され、ろうそくの明かりの下でアコギのライブやら小さなフリマが行われていた。
 そんなことより芝生である。ラグビー練習場だけあって、芝生が素晴らしいのだ。子供たちは興奮して走りまわっている。我が娘もヨタヨタと歩き回って周囲の笑いを誘っていた。
 
・本日の飯 昼/がんもと水菜の煮浸し、納豆豆腐、海苔、たまごやき、みそ汁、飯1膳 夜/まぐろのやまかけ、ゴーヤチャンプル、みそ汁、飯1膳 夜食/カツサンド
[PR]
by torokitao | 2005-06-19 19:42 | 日記

6.17 横須賀へ

 「なぎさ」の取材で朝から横須賀に行く。船で猿島に渡ってひとめぐりし、海軍カレーを食って帰ろうというわけである。
 と、三笠公園でいきなり男性から声をかけられ握手を求められた。
「北尾さんですか、読者です」
 うむむ。ミスター読者、デート中のようで、そばで女性がきょとんとしている。平日の午前中にデートとは、ミスター読者は何者なんだ?
 猿島はすごく小さい無人島で、夏は海水浴客でにぎわうが、今日はジジババの団体と一緒だ。この人たちもまた謎の一行である。
 取材は順調だったが、海軍カレー、これはいただけない。味にパンチがないのよ。昔のレシピに忠実なのもいいけど、うまくないと人気にはならないわなあ。しょせん観光用の町おこしアイテムだ。
 7時頃、家に戻ると携帯電話の調子がおかしい。相手の声は聞こえるが喋れなくなっていてまいった。
「月刊現代」岡本さんから、また掲載延期の連絡。これで2カ月延期である。貴ノ花問題で緊急の記事が入ったためとのことだが、なんだかなあ。
 AMDSコラム書き、深夜NBA。ピストンズ快勝で2勝2敗のイーブンに戻す。
 
・本日の飯 昼/海軍カレー 夜/サーモンのパスタ、スープ、サラダ、パン
[PR]
by torokitao | 2005-06-18 10:02 | 日記

6.16 にわとり文庫

 4時間寝て10時過ぎ、猫パンチで起床。わかったよ、メシくれってんだろ。よろよろ起きてコーヒー・・と思ったら切れていてインスタントしかない。うーん出だし不調な一日だね。
 傘さして徒歩で西荻。請求書書き、ゲラチェック、発送作業など雑務いろいろ。早くも疲労感が。
 そこへハートランド斉木さんから耳より情報。西荻で新しい古本屋が本日オープンしたというのだ。
「掘り出し物があるかもしれませんよ」
 c0058594_19431535.jpg一発で目が覚め、小走りでその店“にわとり文庫”に行く。くー、狭いけれど内装とかしっかり店づくりしていていいねえ。客も来てるねえ。
 c0058594_19441796.jpg店主は自由が丘の東京堂書店さんにいたお兄さん。寝不足でかすむ目で2冊ばかし買い、写真も撮らせてもらった。場所は南口マクドナルドの角を入って線路沿いに少し荻窪方面にいったところっす。売り場面積4.5坪の小さな店だけど、絵本や昔のマンガが好きな人にはピッタリでありますよ。
 5時、模索舎で精算。ずっと以前に本を扱ってもらっていたんだけど、すっかり忘れていたのだ。模索舎の綿貫さんから「精算しましょう」と連絡をもらわなければ、そのままになっていたに違いない。感謝である。
 ここには珍しいミニコミがいろいろとあるので、清算後も滞在。本は塔島ひろみを1冊買う。
 古本屋1軒覗いてから南星堂。ダ・ヴィンチで書いた原稿の数字部分を確認しなくちゃならず、それだけなら電話でできるのだが、やはり店の様子が見たいというか、見る義務があると思って足を運ぶ。
 うんうん、また進歩してるね。リービ英雄「千々に乱れて」を客注し、西原さんと喋る。
 西武新宿駅まで徒歩。途中で用を足し、帰宅すると相方と娘、戻ってきている。へっへっへー、娘と遊ぶ。
 大宮くんの手を煩わせて「R25」原稿の直し。いよいよ眠気ピークで2時間ほど仮眠してから「ダ・ヴィンチ」ゲラチェック。
 
・本日の飯 昼/コンビニで買ってきたサンドイッチなど 夜/豚しゃぶ、野菜の煮物、イカ、飯半膳
[PR]
by torokitao | 2005-06-17 19:35 | 日記