杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー

<   2005年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

3.30

 8時に起床。朝食抜きで西荻に行って雑務いろいろ。月刊現代・O氏、文春・M氏などにメール。Sさんへは原稿もうすこし待ってねのお願いをする。あ、メールしなかった人で待ってる人もいるのでこの場を借りて。
 
 わ・す・れ・て・ま・せ・ん・お・ま・ち・く・だ・さ・れ
 
 失礼しまスた。今日のことだ。
 11時20分になり、慌てて医科歯科大に向かったのだった。その模様は「欠歯生活」に書く書くといいながらさっぱり書いておらず読者からは叱られるわポット出版のウェブでも気がついたら過去ログのようなところに入っているわで迷惑野郎となっているから申し訳ないのである。すべてわたくしの怠慢によるものです。しかし古本屋の日記に書くというのもなんか違うしな〜と思うわけで、いずれそういうブログでも立ち上げようと考えているんで、そこでじっくり読んでつかあさい。
 
 とにかく今日も型どりしたりあれやこれや血まみれの1時間。出血個所は歯茎である。歯茎というもの、放っておくと成長するので、仮歯を被せるのにジャマになるのだ。それでこうグイグイと押し開くように・・ノー麻酔で・・血が・・あぁ思い出したくもない。朝のサワヤカな気分で読んでいた人にもごめんなさい!
 終わってすぐさま地裁へ移動。んが、異動の時期で公判数が少なくガックシ。ダンディ氏がいたので、喫煙所で雑談。いよいよ4月はショーケンがあるかあ。ダンディ氏、阿曽山大噴火とともにTVにでたとのこと。その画面写真を見せてもらうとダンディ氏のところにはしっかり霞ヶ関倶楽部の名が。わはは、とうとうここまで。
 話は延々と続き、3時になったので辞して仕事場に戻る。紀伊國屋から精算依頼のメールがきていたので電話し、事務的に用を済ます。やれやれだ。この取引ではじつに・・ここ1年ほど紀伊國屋では本を買っていないとだけ書いておこう(イヤミだな〜)。
 R25原稿直し。注文本の梱包。ビニール袋がなくなりそうだ。ユザワヤかシモジマにいかねば。
 
「明日からオレは鬼になる。だから、今日は帰る」と、がんばっている大宮君の背中にわけのわからない言葉をかけてチャリで家路。寒い。オレが櫻だったらまだまだ咲かん。
 まだ目録ナンバーは300を超えた程度だが、最近やっと以前のように古本の注文がコンスタントにくるようになった。今日のように在庫が2冊以上あるものが何冊も売れると「うむ、間違いではなかった」とうれしくなる。見かけるたびに買って在庫が10冊、なんてことになると置き場に困るので、以前ほど在庫をダブらせないけど、2,3冊ってのはけっこうあるのだ。それが1冊になると本棚もスッキリ見えるし、「また見つけたら買おう」という気分にもなれる。しばらく忘れていた感覚である。買い取りの依頼が減ったのは、クルマがないこともあるけど、出張買取をする店が増えたせいでもあるだろう。あるいは、ぼくが扱っているようなジャンルを多くの店が取り入れるようになったからかもしれず、そうであれば喜ばしい。
 ぼくは今年、ライターの仕事を中心にし、古本屋は副業的なポジションでいいと考えている。昨年は逆で、売り上げはともかく古本屋としての活動に重心を預けていた。そのまえはどっちだろう。やはり古本屋だろうな。おととしは「西荻カメラ」も作ったから三つどもえか。もともと分離しているわけではないのでどれがどうということでもないのだけれど。欲張り男だからすべてを同時進行させたいのはヤマヤマなんだが、そんなにバランス感覚が発達しておらず、アツくなると他のことはどうでも良くなる傾向もあったのだ。
 で、古本で突っ走った昨年、秋からはサイトも休んでパルコのイベントに精を出したりもした。得られたものは多かった。本や本屋について考えたことがとくに大事だった。結論はいたってシンプルだ。自分は本や本屋がないと困るのである。本というもの、本屋という空間がどうしても必要だ。文章を書いたり、本を売ったり、作ったりしているのは、誰から頼まれたことでもなく自ら選んでそうなったことなのだ。話題がズレてきてますな。ま、続けよう。
 イベントも終わり、いささか疲れも感じて休養したわけ。反動で。自分は映画とか音楽とかまあありふれているけど好きなものがあったはずなのに、それはどこにいっちゃったんだろうとか。父親になったことでちっと幸せな気分だったりもするけど、それがいちばん大切なことかというとそうではないんだよなとか。素人が始める古本屋もこんなに増えたなら、なんで自分がこういうことやってきたか腑に落ちたところでフェードアウトしてもいいかなとか。するってえと、つぎにやりたいことって何かなあ。流通とおして本格的な出版活動? いやいやそりゃ違うでしょ。やっとこ三つどもえ生活の第1ラウンド終了ってことでしょ、とか。なんだかぐちゃぐちゃになってしまい、もともとライターなのだから書くこと中心でやってみっかと唐突に決めたのが昨年の暮れぐらい。話、途中メロメロだけどなんとかつながった。
 そんなふうに決めたら肩の力も抜けて古本屋を再開する気になり(このへんがわかりにくい)、また北尾堂で本を作ろうという元気も沸いてきて、さらにつぎなる展開も霧が晴れるように見えてきたのだった。ふと落ち着いてみたら、そんなに変わったわけでもなく、元いた場所に立っているようなものかもしれない・・なげーなあ、だったら原稿書けよ! まあいいじゃん、たまには。
 そういや数行前にわたくし「ふと」という表現を使ってますな。しかも使い方ヘンでした。反省。「ふと」は2年に1回しか使わないようにしてて、この前使ったから当分はナシのはずだったのになあ。小説家のエッセイとかに多いんだよ。意味のない「ふと」。ふと思ったりふと見るね、彼らはだいたい都合よく。あれは昔から納得できなくてねえ。ぼくが好きな「ふと」は友部正人の「一本道」の、ふと振り返るとそこには〜〜ぐらいだ。
 
・本日の飯 昼/立ち食い天ぷらうどん 夜/ロールキャベツ、パスタ
[PR]
by torokitao | 2005-03-31 08:37

3.29

 昼頃、新宿のヨドバシカメラ。
 坂ノ上スタジオにプレゼントするコーヒーメーカーを買い、一体型のプリンタを物色。うーん、だいたいわかった。好みとかいってられないジャンルなわけね(気に入ったのがない)。
 デジカメなども見て、2時にルミネ「アマティ」で丸奴と会う。何年かぶり。最近胸入れたのかなあ。ますます妖艶。
 坂ノ上スタジオにプレゼント届ける。ちょうどカンゴロー氏がいたので雑談。すでに昨日、初仕事をしたそうだ。新人スタジオマンの緊張ぶりの話がおかしい。
 内幸町。R25ミーティングを7時までやり、さてどうすべえと思ったら相方が寝込んだとメール。
 しょうがねえ、家の近所のラーメン屋で晩飯食って帰る。母親の仕事は多い。それを肩代わりすると、もう仕事はできないのであった。
 赤子抱きかかえて寝る。がんがんキックが飛んできて夜中何度も目覚める。
 
・本日の飯 朝/肉豆腐、さつまあげなど揚げ物各種、みそ汁、飯一膳 夜/タンメン
[PR]
by torokitao | 2005-03-30 10:29

3.28

 クイーン聞きながらオムツ替え、午後1時までベビーシッターしてから仕事場。しかしクイーン、色あせない輝きだなあ。
 外は冷たい雨が降っている。人に合う予定はキャンセルし、地味に仕事。
 郵便局から注文本を発送。送ったのに届かない香港へも再度発送。
 大宮君とメシ食い、9時まで粘ってから帰る。
 高円寺で売る雑誌を選び始める。「バファウト!」「中州通信」「H」などをビニール詰め。
 新着本も少しだけ撮影&入力。
 
・本日の飯 朝/パンとカフェオレ 夜/「大松庵」でカツ重セット
[PR]
by torokitao | 2005-03-29 00:08

3.26

 朝から相方出かけ、午後2時まで子守り。
 子守りをすると他に何もできないのが難点であるが、一方であきらめもつくのがいいところだ。いろいろとあやすわけだが、遊んでやっているように見えても、じつは遊んでもらってるってことはいうまでもない。
 バスで荻窪に出て高円寺。文庫センターで来月からしばらく古本を扱いたいと言われているので担当の平井氏との打ち合わせに行く。ここでは以前にも同じことをしているため、今回は古本ではなく古雑誌を販売することにするつもりだ。
 ジャンゴコーヒーにも久々に顔を出し、コーヒー豆を買う。ジャンゴさんがマンデリンを入れてくれ、しばらく雑談。話題は「私の志集」である。
 そろそろ帰ろうかというとき、清水夫妻が前を通りかかり、中に呼び入れてまたしばし。仕事場がすぐ近くとのこと。ジャンゴさん、清水夫妻にもコーヒーふるまってくれた。ありがとう。
 古本屋を覗いて2冊購入。西荻に戻ってサパナで納品書を書き、信愛書店に「西荻カメラ」持っていく。ついでに前回の精算もしてもらった。
 日が暮れて気温が下がり、とても寒い。
 帰宅後、文庫センターで買った「失踪日記」(吾妻ひでお)読む。複数の人間から勧められていたのだが、確かにむちゃくちゃおもしろいや。続編も出る模様なので楽しみだ。
 もう一冊、信愛で買った「売文生活」(日垣隆)にもざっと目を通す。なかに有料メールマガジンのことがでてくる。この人、そういうのを発行してるんですね。松沢呉一氏も始めるとか始めたとかっていうし、そういう流れはアリだと思いますね。おぼろげな記憶だが、昔、田中康夫氏はファクスを使って有料のメディアを発行してたことがあった。読みたい人がそれを支える、ストレートなやり方だ。
 「ススメ!杉並北尾堂」はしませんがね。やるなら内容を変えなきゃだめ。これは古本屋の営業ツールなのだから、0円と決めてます。毎日ご苦労さんと思う心優しき方は、北尾堂の本を買ってくれィ。
 
・本日の飯 朝/チャーハン、みそ汁 夜/昨夜のポトフ、豚肉のミソ風味、タマネギスライス、温野菜、飯一膳
[PR]
by torokitao | 2005-03-27 09:06

3.25

 いったん起きて朝食後、元気に入浴してから二度寝。
 このところ赤ん坊に夜中、何度か起こされる日々で、寝不足なんです。
 2時頃、仕事場。花粉がひどそう。
 しばらくしてライターの和田さん来訪。彼女が書いた「でたらめな病人vs使えない医者」の在庫が切れたので持ってきてもらったのだ。もう在庫が残ってないというので、これが最後の仕入れになるだろう。未読の方はお早めに!
 世間話やら企画のことやら2時間ほど喋る。せんべいカジリながらの茶飲み話だ。いいねえ。
 和田から原稿を書かなくちゃだめっすよ、私が消えたらすぐに書き始めなさいと励まされたのだけど、ぼんやり一服したり。しかもサイフ見ると小銭しかなく、これじゃあ晩飯もくえねえってことがわかり、帰宅を決意。帰ろう、細い路地のガソリンアレイに。違うか。
 夜、西荻丼の校正が送られてくる。急ぎ原稿チェック。
 サッカー、こういうときはNHKのBSで見ることにしている。民放、司会やゲストがウザイもんな。とくに今日の司会は‥‥。日本負け。残念。
 
・本日の飯 朝/ホットケーキ 夜/ポトフ、パスタ
[PR]
by torokitao | 2005-03-26 10:03

3.24

 ハウスダスト対策のためアースレッドを使うことに決め、朝から掃除などで忙しい。午前中はこれで終わり。
 水を入れて着火して外出。西荻までバス。多少の古本注文があったので梱包作業。大判なので時間がかかる。
 郵便局で発送後、坂ノ上スタジオへ顔を出すとスタジオマンが特訓中。あと1週間でオープンだもんな。ダヴィンチHもきて雑談。時間がすぎるのが早いのは居心地がいい証拠。
 ジョナサンに移動してHと打ち合わせ。その足でR25編集部。責了作業だが、原稿の大幅な書き直しが発生して11時までかかってしまった。
 帰宅12時。パソコンを事務所に置いたままだ。
 
・本日の飯 朝/キムチと豆腐、ニラの卵綴じ、みそ田楽、野菜、みそ汁、飯一膳半 夜/ピザ
[PR]
by torokitao | 2005-03-25 14:56

3.23

 2時から新宿御苑で取材。
 終わって駅に向かおうとしたところでデザイナーの安田君とバッタリ。ラーメンを食べに行くというので一緒に食べ、お茶する。
 5時前、仕事場入り。シコ踏みかよ。9時までいて能率上がらないので帰宅。「よりみちパン!セ」新刊届いていてドキッ。あせるなあ。
 深夜までアラーキー新着本作業。スーパーリーグ4戦見ながら。アイシン楽勝で最終戦にもつれ込む。つうか東芝だらしない試合だ。その後、続けてNBA見る。レベルの違いがよーくわかった。
 
・本日の飯 朝/高菜チャーハンの目玉焼きのせ、さつまあげ 昼/中華そば
[PR]
by torokitao | 2005-03-24 01:34

3.22 掃除機

 午前中、ダ・ヴィンチ後送原稿書き。
 正午、娘を小児科につれていく。アレルギー検査の結果でて、ハウスダストが原因だとわかってホッとする。思いあたるふしがありありだったからだ。我が家の掃除機はパワーがまるで弱いエコ商品なのである。相方はエコとか環境という言葉にめっぽう弱い。かつては充電式の掃除機だったか、吸えば吸うほどイライラがつのるという最低のモノを使っていた。。それよりはマシということで購入したんだけど、やはりこれも役立たずで、掃除機とは言えないレベルのシロモノなので新品同様のままほったらかし。掃除はもっぱらほうきで行っていた。そりゃあ環境も大切だろうが、赤ん坊と猫2匹がいる家の掃除用具としてはどうなんだと、かねがね思っていたのだった。
 
 2時に帰宅後。相方コジマまで掃除機を買いに行く。その間、ベビーシッターである。家にいるかぎり子供の泣き声からは逃れられない。眠らせてしまえと抱きかかえてふとんに入ったら、自分まで昼寝してしまったよ。
 掃除機の音で目を覚ます。よしよし。これくらいけたたましくなきゃパワフルに吸引できんよ。ついでにもらってきたカタログで一体型のスキャナー・ファクス・プリンターを検討する。ヒューレットパッカードという選択肢もあったか。以前、プリンターを使っていたときはデザイン最悪だったが、一体型はキャノンやエプソンよりマシである。
 6時過ぎには娘、入浴させ、それから夕食。まるで休日のような一日だ。
 
 夜になって荒木経惟本をアップするつもりで準備していたところ、いきなりフリーズして2時間の作業がパー。データの元は旧目録に保存されているけど、すっかりふてくされてしまう。これやって、今週中にはコンテンツを備えた目録らしい目録にシフトするつもりだったのに、調子が狂った。娘も泣き出し暴れるし、ストレスたまるなあ。
 
 気を取り直して向田邦子読み(対談集はちょい読みできるからいい)、10時からやっと「なぎさ」原稿書き。AMDSコラムも書く。
 
・本日の飯 朝/高菜入りそぼろ、野菜と麩の煮浸し、納豆、海苔、みそ汁、飯一膳 昼/皿うどん 夜/カレー、豆のサラダ、パン
[PR]
by torokitao | 2005-03-23 10:28 | 日記

3.21 自転車に乗って

 好天気に浮かれるようにチャリンコで西荻へ向かう。
 仕事を少し。散歩をたくさん。
 音羽館で古本数冊買い、ハートランドにてコーヒー飲みながらよからぬ相談。檜原・千葉・イギリス・ベルギーと話は飛ぶ。北尾・斉木コンビになるとどうしても妄想を帯びた話になってしまうね。でもそこからしか新しいことなんて生まれないとこじつけてしまえ。
 何かをモノにしようとするときに必要なのは、絞り込みと削ぎ落とし。
 何かを始めるときに必要なのは、妄想力と巻き込み力。
 なんてナ。
 さてお題は何でしょう?
 
 休日ゆえか、各種催促電話もかかってこない。快適。仕事場へ戻り、買ったばかりの「向田邦子全対談集」をパラパラやってすごす。前から読みたいと思っていたのに未読だったのだ。
 ぼくは向田邦子が脚本を書いたドラマが好きで、文章もしっとりしすぎず塩梅がちょうどいいので、よく読んでいた。だから飛行機事故でなくなったときはかなりショックを受けたものだ。その頃プータローをしていたと思うのだが、ニュースを聞いてすぐに高円寺(に住んでいた)の古本屋へ行き、何冊か著書を買った記憶がある。
 
 原稿を書く気になるまでのつなぎにと新着本を撮影したら、コメントをつけたくなり、そのまま作業。原稿のことは忘れてしまった。
 夕暮れが近づいてくる。
 自転車に乗ってお家へ帰る。
 家族で晩飯。ビールを一口。
 フォーク。
 ちょっとは幸せだが、十分幸せではない。
 
 腹がこなれてから入力続き。あとはバスケットのスーパーリーグ第3戦。アイシンー東芝を3日連続で見る。
 
・本日の飯 朝/野菜と鶏のオリーブ油炒め、パン 昼/「アンセン」で甘いパン2個 夜/豚ロースのトマトソース煮込、つけあわせの温野菜、サーモンとグリーンピースのパスタ
[PR]
by torokitao | 2005-03-21 23:59

3.20 祝!高校卒業

 ハマナカくんが作ったパンを食べ、コーヒーを飲んでいたら、電話で地震のことを知らされた。すぐテレビつける。その後も電話が何本かはいる。ありがとう。
 実家に電話するもつながらず、不安が高まってくる。しばらくして妹から、我が家は無事、の知らせ。メールで連絡取ったそうだ。メールなら通じるのか。そうか。さらにしばらくして親戚なども無事だったことが確認でき、ようやく安心する。
 九州で大きな地震があるなんて誰も言ってなかったと思う。地震は人の予測をあざ笑うかのごとく、意表を突いてくる。
 
 せっかくひとりだから何かまとまったことをしたいが、騒動で疲れてしまい、散歩に出るのがやっとだった。我が家周辺は味のある建物もなく店も少ないので、せめていつもと違う道を歩こうと路地を探索していたら、ブックカフェにきてくれるお客さんと偶然会う。上石神井に住んでいるのだそうだ。
「学校はどうですか」
「先日、卒業できました」
 若い人ではない。30代だろう。彼は仕事をしながら定時制の高校に通っていたのだ。卒業か。よく続けたよなあ。
 彼と別れてツタヤまで行き、小島真由美と吉田拓郎のCDを借りた。吉田拓郎の「落陽」とスピッツの「ロビンソン」が聞きたくなったのだけど、スピッツは貸し出されているようで、小島真由美にした。
 帰宅して拓郎を聴く。ギターまで持ち出した。あのジイさんときたら〜〜と熱唱しているところに娘たちが帰ってきた。
 
・本日の飯 朝/パン 昼/「一圓」でタンメン 夜/がんもどき、小松菜などの煮浸し、さば塩焼き、海苔、みそ汁、飯一膳
[PR]
by torokitao | 2005-03-21 12:37