杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年 04月 19日 ( 3 )

4.01-4.10

4.01
終日自宅で読書という理想的な一日。
昨夜の続きの『オーラな人々』(椎根和)読了後は、
『マンボウ最後の大バクチ』(北杜夫)と新書を一冊。
週刊ブックレビューのおすすめ本、『マンボウ最後の大バクチ』に
しようと決める。

夜、娘と風呂に入っているといきなり「ドン」と一発とどろく。
春雷という言葉を思い出した。

本日の食事
朝 やきそばを2人前自作しむさぼり食う。気分が悪くなった。
昼 
夜 温豆腐 とろろ&めかぶ入りそば

4.02
午後から書店を回り新書の研究。
仕事場で買ったばかりの本を読み込む。
夕方、渋谷のメディアファクトリーにて、新書会議。
第1部の新書カルタがむずかしくて驚く。レーベル多すぎだよ。
途中、文春iさんがゲラを持って駆け足でやってきたかと思うと、
しばらくして果物とケーキの差し入れに再び登場。

外に出ると風が強い。北風だよ。
電車内の暖房がきつくて気持ち悪くなったところで国分寺着。
今日はタクシーで帰ろう。

本日の食事
朝 ミネストローネスープ サラダ パン
昼 
夜 

4.03
本を積み込み9時過ぎ出発、高遠12時半着。
「まったく生気がない」といきなり心配される。

今日は星加海さんのライブペインティング。
打ち合わせ5分、テーマを「本の町」にすることと、子どもから大人まで
本を持った人々がいる、ということだけ決める。
「じゃあ、本の町の広場をイメージして」と作業開始。
伊奈ケーブルTV、長野日報などが取材に訪れるなか、ものすごい勢いで
壁画を描いて行く海ちゃんだった。

本日の作業が終わり、竹松旅館にチェックイン。
温泉につかったせいか、大量の寝汗をかく。毒素が抜けてゆく感じだ。
ゆかたはぐっしょり、シャツ2枚ぐっしょり。
たぶんこれで峠を越えただろう。

本日の食事
朝 さわらの粕漬け みそ汁 飯一膳
昼 
夜 おにぎり2個 バナナ2本

4.04-05
4日はペインティング2日目。無事完成。
この日は高遠ブックフェスティバルのご近所挨拶ローラー作戦。
朝から続々とスタッフがやってきて、ぼくも午後の部に参加する。
夜、20名ほどでミーティングも。
熱気があって好ましい雰囲気。いいねえ。
高遠、伊奈周辺、木曽、長野、松本、山梨、東京。広範囲から
集まっているのも、こういうイベントでは珍しいのではないだろうか。
後半は意識モーローとしてきて
終了後すぐ宿に戻らせてもらった。

5日。朝飯がうまい。体調が戻りつつある証拠だ。
が、今度は相方がインフルエンザ。早く帰ってこいと指令下る。
東京組を2名乗せて帰京。高速代、安くなってた。
午後は娘をマンツーマンで見る。

4.06
午前、自宅で静養しつつ、娘の相手。
締め切りを過ぎた原稿が書けないまま外出。
1時半に市ヶ谷ルノアール。ダヴィンチの撮影など。
神保町へ移動し、三省堂で取材。「ぶらじる」でお茶して帰宅。
風邪はもうだいたいいいが、寝汗だけは相変わらず。完治はしてないという
ことだろう。

4.07
昼前に仕事場。郵便物をチェック。
霞流一さんが新作を送ってくれた。
『ロング・ドッグ・バイ』(理論社)。面白そうである。感謝。

昼過ぎ、奥秋夫妻来訪し、手作りの食事をごちそうになる。ありがたい。

ラジオライフの『超越大陸』ようやく書く。今回は遅れてしまって
編集者に迷惑かけたなあ。すんまへん。

北尾堂古書部、久しぶりのアップが態勢整ってきた。
今週中には何とかと思ってる。乞うご期待!

本日の食事
朝 卵、ソーセージ、キャベツの炒め物 トースト
昼 差し入れのたまごやきなど 炊き込みご飯美味
夜 湯豆腐 コロッケ 飯一膳

4.09
6時起きでゲラ続き。一通り見終えて、修正箇所をメールで伝える。
これで手を離れたことになるのかな。

今日は家の人である。
年中組になった幼稚園、初日の送迎を担当。
入園式なので1時間程度だ。帰るのも面倒なので送ってから近所の
ファミレスでダ・ヴィンチを書き始める。
迎えに行き、食事をし、帰宅してからは遊びにつき合う。
そして昼寝。入浴。食事。
風呂で「本屋大賞」についてぼんやり考える。
今年の受賞作は『告白』(秦さなえ)で、2位が『のぼうの城』(和田竜)。
どちらもよく売れた作品である。新味はない。今年に限らず、この賞はいつもだ。
どうして本屋大賞はいつもありきたりな本が選ばれるのかなと首をひねる。
すでに売れている本が同賞によりさらに売れ行きを伸ばす構図には
意外性のカケラもない。なんにせよ、本が売れる、読まれることは
歓迎すべきことだけど、売れセンばっかじゃなあ。
と考えて、自分は(同賞を選ぶ)書店員の人たちに期待し過ぎなのだと気がついた。おもしろさに気づかれぬまま消え去ろうとしている名著、版元の弱さ故に数字が伸びず苦戦している佳作、そういったものを全国の目利き書店員が救い上げ、日の目を見せるイメージがあるのだ。
でもそれは幻想に過ぎず、書店員もまた売れている本を好み、一読者として素直に推薦するのである。「本屋」という冠に、それ以上の意味はないのだ。
版元の枠を超えてとか、書店業界自らが選ぶという、業界的な意義はあるのだろうけど、遊びの要素がないのだよなあ。

屋根裏で「トロイカ学習帳」続行。外でパトカーのサイレンが響き渡ってる。

本日の食事
朝 炒飯
昼 チキンのグリルランチ(小金井 サンマルク)
夜 懲りずにやきそばを自作本日の食事

410
ダヴィンチ原稿、昨夜けっこう遅くまでやったので、娘を幼稚園に送り、
ダッシュで帰宅して続きを書いたら昼頃終えることができた。
今回は新書を取り上げて好き放題やっている。

すぐに着替えて国分寺駅まで徒歩→中央線で西荻へ。
改札で下関マグロと会い、「三人灯」で食事と打ち合わせ。
一緒に進めようとしてる原稿の、やり取りの方法や、古い記憶を
探ったりして2時間。いとおもしろし。

マグロと別れて仕事場に向かって歩いていると、講談社宮坂君に並び
かけられる。忍者かよ。
カナさんがいて、古書販売ブログの準備が整ったとのことなので、
明日から古書部再開を決定する。ここでは高遠「本の家」には不向きな
ものを、楽しみながら売って行くつもりだ。

宮坂君と1時間ほど明日の取材について打ち合わせ。
駅まで一緒に歩き、ぼくは帰宅。
夜、「サマヨイザクラ」後編を読む。
『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』文庫版ゲラ読み開始。

本日の食事
朝 野菜炒め 納豆 飯一膳半
昼 カレーのランチ(西荻 三人灯)
夜 パスタ サラダ
[PR]
by torokitao | 2009-04-19 07:44 | 日記

3.21-3.31

3.21
いい天気で、昼過ぎまでテラスでのんびり。
掃除もしたりさ。
3時、吉祥寺。ダヴィンチ岩橋嬢と待ち合わせ、書店経由で井の頭公園内の
カフェにて打ち合わせをする。
櫻はまだなのに公園内は人であふれんばかりだ。
打ち合わせはなかなか冴えたアイデアが出ず、長引く。こういう感じのときは
どうしてもマジメな企画になりがちで、しょーもないアイデアが出にくいのだ。
まあ、なんとかするしかないんだが。

7時前に帰宅し、明日の旅行の用意など雑務を片付ける。
ダヴィンチのゲラ、「日和」の短い原稿も。

本日の食事
朝 オープンサンド スープ
昼 パスタ
夜 チャーシュー れんこん 味噌田楽 とろろいも 海苔 白菜蒸し焼き 飯

3.22-24
 新幹線と特急「いなほ」を乗り継いで昼に鶴岡入り。
 雨の中を徒歩で15分ほど、阿部久書店までいく。今回の目的は文庫化される
『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』の追加原稿のための取材。去年からハマりにハマっている藤沢周平絡みで何か書きたいと思ったのである。阿部久書店は周平も資料探しに通った古書店で、2階にはかなりの量の古本があるという。
 まず店頭で3冊。そして2階にこもること1時間、4冊を抜き出した。阿部久書店は文学と鶴岡関連書が多く、册数こそ伸びなかったが、久しぶりに古本屋らしい古本屋にきて、目を皿にして書棚を見ることができ、満足である。
 2時間ほどの時間差で家族と合流。高速バスで月山口まで行き、志津温泉「つたや」に投宿。今回、動くのも面倒なのでここに2泊である。古本旅としては忸怩たるところもあるのだが、これまでになかった家族旅行+古本、を実現することが狙いでもあるので、家族サービスにも努めねばならないのだ。
「つたや」、いい宿であった。たぶん1年で最もヒマな時期で、宿泊客は初日が2組、2日目は我々だけである。温泉は循環だったものの風呂がいろいろあり、いつでも入れる。日本一の豪雪地域とあって外は雪世界(暖冬でも3メートル以上)。
 そして食事がもう抜群だった。こういう閉じ込められた環境で食事がまずいと最悪なんだが、逆である。海の幸を一切使わずに、山の幸と牛肉に徹底されている。
 女将をはじめ宿の人たちも感じがいい。2日目なんてやることがないからソリで遊んだり読書したり。携帯の電源も切ってた。
 ここはまたくるなあ。なんせ湯殿山が近い。西の熊野、東の湯殿といわれるだけあって、ホント魅力的なのだ。月山、羽黒山もあって、春から秋も良さそうだ。
 最終日は鶴岡に出て、寿司を食してから少し周平散歩。絵蝋燭の店など寄り、また「いなほ」→「MAXとき」で帰京する。

本日の食事
朝 宿の朝食
昼 寿司
夜 パンをかじる

3.25
 銀行で振込などすませ、午後から仕事場へ。
 奥秋編集長ほか、西荻丼のメンバーが集まっている。いいねえ。
 留守中に届いた郵便物をつぎつぎ開封。いやー送って下さるのは嬉しいのだが、
中も見ずにゴミと化すものも多くてまいる。
『裁判長!〜』コミック第6巻が間もなく発売ということで、1〜5巻がめでたく増刷。新潮文庫『怪しいお仕事』もしぶとく10刷。ありがたい。
 しかし仕事場が寒い。冬に逆戻りしたみたいだ。届いた単行本のゲラを抱えて早々に帰宅すると、途中から悪寒が。げ、また風邪引いたのかよ。
 大事を取り、午後8時にはふとんへ。藤沢周平『漆の実のみのる国』を最後まで読み、そのまま目をつぶる。たぶん10時前に就寝。
 
本日の食事
朝 スープ、サラダ、パン
昼 天ぷらうどん(西荻、富士そば)
夜 トマトソースのパスタ、サラダ

3.26
打ち合わせデー。
13時、朝日新聞出版国東氏きて、近くの「クワランカカフェ」で昼食兼
連載の相談。
17年におよぶ麻雀合宿の話をどこかでやれればと思っていたとき、国東さんが「くだらなくていいですねえ、書いて下さい」と言ったことから始まった企画なんだが、どう書いたらいものやらと思い悩むうちに、ぼくが19-20歳の頃に暮らしていた某学生寮の話を書く方向に変わってしまった。
これもまた、どうしようもなくくだらない、ぼんくら学生たちの話である。
他にもいろいろ雑談。国東さんは貪欲に「あれを朝日で本にできないか」「これは単行本は無理でも文庫をうちで」と迫ってくるのだった。ありがたいことだが、そう詰め寄られても困るし、何年も先の約束をいまからしてもしょうがないと思い、笑ってごまかす。
16時、文春森氏。
『裁判長!おもいっきり悩んでもいいすか〜裁判員制度想定問題集〜』の初校ゲラが出たので、表紙や帯も含め細かい点まで打ち合わせる。森さん、4月から『文学界』へ異動するので、これが書籍部としては最後の一冊になるとのこと。『文学界』では当分仕事の接点はなくなるだろうから、今後はマラソン仲間としてプライベートのつきあいができる。むっふっふ。
19時、週刊文春角田氏が西荻駅に到着。仕事場を出たところで、森氏が近所のギャラリーに寄りたいという。パペット人形が展示されているらしい。
で、ふたりしてギャラリーに入ると、作者の方がいて、どうぞ触って下さいというので糸を動かしたりして遊んでいるうち、森氏が「買います」と。異動記念に買うという。しかも展示されていた動物とかではなく、「カバが欲しい」とリクエスト。そうこうしているうちに、ついぼくが「オレなら象だな」と呟くと、それを勘違いしたらしき作者が店主に「あっという間に2体も売れて、すごいわ」と言っている。ん? オレも勘定に入ってる?
ということで、象の操り人形を買うことになった。
完全な乗せられ買いだが、木製の凝った作りで台付き4万2千円は安い。

その間、待たされっぱなしの角田氏がいささかムッとしながら立っている駅まで行き、3人で「ぷあん」へ。
11時半まで延々と雑談。
ぼくはどうも体調がまた下り坂で、帰宅後は寒気に襲われる。
 
本日の食事
朝 スープ、パン、サラダ
昼 シチューライス(西荻、クワランカカフェ)
夜 タイ料理各種(西荻、ぷあん)

3.27
ライターの和田さんにアドバイスされ、背中に湿布して寝てみた。
それで朝は調子がよく、鷹の台まで散歩にも行ったが、午後になるとみるみる気分が悪くなり、3時くらいから寝込む。
晩飯後も冴えず、10時には湿布はって寝る。

本日の食事
朝 アジの一夜干し 漬け物 出汁まき卵 おかゆ
昼 カレー チキン モモ サラダ ナン(鷹の台、カフェサンテ)
夜 そば

3.28
早朝に目覚め、ゲラ読みを進める。
3時から、地域の集まり。無事に班長を終了することができた。
地域の集まりってのも案外面白くて、何十年も前の舗装もされてなかった頃の
話を聞いたり、どんな人たちが住んでいるのか教えてもらったり。
今日も体調が下降線で、夕方一眠り。
夜も10時には休む。ノドが痛い。

本日の食事
朝 野菜 チキン トースト
昼 うどん
夜 豆腐と椎茸のあんかけ風 玉こんにゃく 椎茸ステーキ さつま揚げ 雑炊

3.29
9時に寝てんだもん、目覚めが早いのは当たり前で、今日は5時起き。
屋根裏篭り2時間。
9時半に京橋の三才ブックスへ。『超越大陸』の取材である。
喉が痛いのでうなづきマンに徹していたら、1時間でインタビューが完了してしまった。黙ってると早い、黙ってても話は進む、これは発見だなあ。

伊東屋でノートを買い、喫茶店で休憩してから阿佐ヶ谷へ。
善福寺川緑地公園は思ったより桜が咲き、天気もよくて気持ちがよかった。
夕方まで20名くらいでまったり過ごす。
「やつれた」「老けた」「男の更年期では」などさんざん言われる。

帰宅後は例によってぐったり。8時過ぎには寝床に入る。
そしたら3時に目覚めてしまい、いったんは起きたのだが、するべきことがないことに気がつき、また寝直した。

本日の食事
朝 りんご
昼 花見のごちそういろいろ
夜 

3.30
たぶん月山で雪遊びしたときだろう、唇が日焼けし、カサカサになり、
血が出たりして不細工なことになっている。
最後までのろわれた3月なのだった。
午後、新宿でKくんと久々に会う。太っていてびっくりする。
競馬についてレクチャーを受けたり資料をもらったり。

西荻。今野書店で新刊書をあさる。
文春森さんきて確認事項だけチェックすると風のように去って行った。
ということで、ぼくは冷え込む前に帰宅組。
早めに寝て、早朝に競馬エッセイ。文春ゲラの確認部分も見直す。

本日の食事
朝 りんご
昼 天丼(唇にしみてほぼ残す)
夜 大根ステーキ 豚キムチ少々 煮物 みそ汁 飯1膳

3.31
マスクつけて外出し、昼に西荻。
バイク便を待ち、ゲラを送る。
その後書店めぐりへ。
うーん、おもしろそうな本が少ないねえ。
今日は相方たちが不在なので、食料を買い出ししてから家に帰る。
つってもパンくらいしか喉を通って行かないんだが。
しばらく読書して、夕方から仮眠。11時に目覚め、あわてて猫に食事を
与える。すまんかったの。読書再開。

本日の食事
朝 筍と山菜の天ぷら 山芋とめかぶ みそ汁 混ぜご飯1膳半 
昼 ぶどうパン

[PR]
by torokitao | 2009-04-19 07:30 | 日記

3.11-3.20

3.11
終日自宅。
療養なので昼間は働かない。
頭痛が酷くなるからじっとしてた。
風邪だけでも早く治らんかなあ。
昨日から講談社Mくんから狂ったように電話がかかってくる。
夜、しょうがいないので今日がギリギリの「モウラ」書く。

本日の食事
朝 フレンチトースト りんご
昼 やきそば
夜 パスタとサラダとスープ(グラッチェつうファミレス)

3.12
仕事場でゲラ。
ダヴィンチ少し書き出す。

文春文庫池延さんから異動の知らせ。
4月から新書へいくそうだ。
池延さん、ぼくにとってはとっても仕事のしやすい人で、
それがこうなったということは、これまで「表紙がつまらん」
「モノとしての愛着が持てない=テキストのカタマリ」という
イメージが強く、避けて通ってきた新書をやる時期になったって
ことかなとふと思う。
本作りの仕事は人とやるもので、ぼくはとくにその考えが
強いほうなので、万事、適当にいいほうに考えることにするのだ。

夕方、病院。やっぱなー、リンパ腺の腫れ、原因は特定できないみたい。
うんざりしながら歩いて帰る。

入浴、体重計ったら65キロを切ってた。2キロくらい痩せたかなあ。
重さ的にはちょうどいいので、いま以下にならないようにしたいところ。

夜、疲れ出て8時過ぎには就寝。朝まで一度も目覚めず。

本日の食事
朝 かに雑炊を一口 りんご
昼 サンドイッチ
夜 具沢山のパエリア パン

3.14
終日自宅。
風邪、だいぶ軽くなる。
リンパの腫れも、ピークをこえたモヨウ。

3.15
人の記憶なんてアテにならないものだ。
ぼくはずっと、自分は大学を出てから半年ばかりフリーターをし、
その後、編プロでバイト→フリーライターになったと思い込んでいた。
ところが事実は異なり、大学を出てから1年半ほどフリーターをし、
その後、編プロでバイト→フリーライターになったようだ。
なるほど、そういえばかなりブラブラしていたような気もするわけであるが
その差1年である。いかに中身のない日々を過ごしていたかって話だ。
この話は先日、下関マグロと、知り合った経緯を話していてやっと判明した
のだから、少なくてもこの10年くらい、ぼくは自分の略歴を勘違いしていたことになる。
しかしなあ、何してたんだろ、あの1年。

義父の納骨のため横須賀へ行く。
親戚たちと会食。
胃が小さくなっているのか、まだ食が細いのが難。
が、往復5時間の運転は、
ちょうどいいリハビリになった。


夜、いま一緒に本を作っている村木一郎弁護士(&谷口弁護士)が出演した
TV番組のDVDを見る(我が家にはTVがないため文春森さんが手配して送ってくれた)。
素晴らしい方と一緒に仕事している自分の好運さを噛み締める思い。
負けてらんねーな。

本日の食事
朝 さわらの西京焼 みそ汁 飯一膳 りんご
昼 横須賀の懐石料理屋にてコース料理
夜 りんご

3.16
去年の5月から法人化したので、確定申告はそれまでの分でいいのだが、
資料を整理していた税理士から、他に収入はないのかと連絡。
収入を経費が上回り赤字決済になりそうだという。
忘れていた分を追加で渡したりして、最後はほぼとんとんに。
今年は還付金の楽しみがない。

西荻駅から仕事場に歩いていると李さんがチャリで通りかかり、声を
かけられる。まだしこりはあるけど、外見上はリンパ腺の腫れ、気づかないそうだ。
「ラジオライフ」ゲラ戻し。
その後、のんびり古本の拾い読みしていると不動産屋が。
管理会社が変わったとかで、以後の振込は当社へ、ということだった。

早めに帰宅し、娘と公園まで散歩。
夜、藤沢周平とユーチューブ。
ちょっとのつもりが、チャーを見てたらどんどんリンクして行き、
2時間以上も聴き続けてしまう。

本日の食事
朝 さわらの西京焼 みそ汁 飯一膳 りんご
昼 横須賀の懐石料理屋にてコース料理
夜 りんご

3.17
「オレキバ」のゲラチェックしてから西荻。暖かい。
久しぶりに大宮君、カナさんも揃って、仕事場らしい雰囲気だ。
「モウラ」レース鳩原稿の残りを書く。
体調が良くなっているせいか、書くのが楽しい。

夕方から外出し、神保町で集英社•相馬氏、カンゴローと会食。
相馬氏、女性誌の人なんで仕事の話は抜き。気楽でいい。
しゃぶしゃぶを食べた。
回復途上の胃袋にしゃぶ肉はきつかった。

帰宅11時半。

本日の食事
朝 カレースープ りんご フレンチトースト
昼 
夜 しゃぶしゃぶのコース(神保町「いぬ居」)

3.18
午前中、吉祥寺バウスシアターで「チェンジリング」を観る。
アンジェリーナ・ジョリーのメイクがコワかった(笑)が、女優としての
実力を問われる映画だな。あれだけ正攻法でこられたら燃えるだろう。
イーストウッドがすごいなと思うのは、それぞれの登場人物のサブストーリーを
一切語らず話を進め、それでも過不足ない満足感を与えるところだ。
役者の力量と演出力、カメラワーク、どれが足りなくてもそれはできない。

長編の映画を見ても午後1時ってのがいい。西荻まで歩く。
昨夜の肉がもたれて朝飯抜きだったので、蕎麦屋で腹一杯の昼飯。
これが良くなかった。
4時くらいから眠くなり、仕事場のソファに横たわると目眩がする。
そのまま寝入り、目覚めると6時半。う〜ん、胃がもたれとる。
風邪はほとんどもういいけど、胃腸はまだ本調子に遠いということか。
飲み会の予定をキャンセルさせてもらい、そのまま居残り仕事。

仕事場に行き始めたせいか、きのうきょうと編集者からの連絡が多い。
この時期、けっこう異動もあるみたい。
編集者って、だいたい会社員だからね、転勤がないくらいでしっかり異動の季節。
書き手としては残念な気持ちもある。
呼吸ができるというのがありますね。これには時間がかかるもので、
相性ともまた違うところがある。仲良くなるのとはちょっと違う。
呼吸ができると、まず雑談がしやすい。雑談がしやすくなると仕事以外のこと、
それは単にお茶したり飯食いに行くことから、一緒に遊んだり、
我が家に招待したりといろいろなんだが、そういうことができるようになってくる。編集者は仕事をする窓口であり原稿を最初に読んでくれる相手でもあるのだけれど、無駄な時間を一緒に過ごす相手になっていくあたりで、ぼくなんかは呼吸ができてきた感じになる。
なので、そういう担当者が異動になると、また誰かと呼吸を作り始めることから
開始する面倒臭さがある。
どんな人ともうまくやっていけるほどこなれた人間ではないので、
気が合わなければその版元との関係も薄れて行きかねない。
書き手にもよるだろうけど、ぼくはそういうタイプだ。
しかし、気が合う相手であれば呼吸はできやすく、これまでの担当者とも
引き続き(仕事をするかどうかはともかく)人間関係が続くので、
版元との結びつきはさらに強くなることもある。
だからまあ、運だよね。担当者、自分じゃ決められないんだから。

本日の食事
朝 りんご
昼 親子丼とざるそばのセット(西荻「やぶ平」)
夜 

3.19
素晴らしい。今月はもう雑誌の締め切りがないのだ。
こういうとき、もやもやした頭で新しい企画のことを考えるのが楽しい。

午前、古本の入力作業を少々。
久しぶりで、杉並北尾堂ネット販売をやろうと思っているのだ。
午後から神保町で和田さんと待ち合わせる。Tシャツ1枚でも平気そうな陽気だ。
ヒラカツの事務所を訪問して和田さんを紹介し、2時間ほど雑談。

夜、自宅でゲラチェック。
本の表紙ラフデザインも数パターン送られてきた。

本日の食事
朝 サバの唐揚げにおろしたっぷり ごぼうとニラの卵とじ もやしいため
  みそ汁 飯一膳
昼 サンドイッチ
夜 カツオのタタキ 魚貝と野菜の鉄板焼き 締めに焼きそば

3.20
昼、親戚関係の食事会。

夜、幼稚園(こども園)の第2回オヤジ飲み会。
場所がへんぴなので送ってもらったら道が渋滞で30分遅れる。
そういえば連休初日なんだな。
飲み会はこじんまりと7人で。
少人数なので話もでき、たいへん結構。
まったく未知の、興味深い話が多い。
「小学校はどうされるんです?」と尋ねられたりナ。
年長者の威厳もなく、雑談に励む。
本名でのつきあいなのもいい。

仕事は休み。

本日の食事
朝 半熟卵 パプリカなど パンケーキ
昼 バンバンジー 卵春巻き 葱ラーメンなど中華いろいろ(小平「浜木綿」)
夜 刺身他つまみ各種(幼稚園近くの居酒屋)
[PR]
by torokitao | 2009-04-19 07:21 | 日記