杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2009年 01月 13日 ( 1 )

日記1.01-05

1.01
昼頃目が覚め、朝風呂。
タバコ買いにコンビニに向かう途中で妙に走りたくなってきて公園のまわりを周回。スニーカーなので足元を注意しながらゆっくり3キロ走る。疲れるが気持ちがいい。

家に帰ってもう一度湯につかっている間に、猫モーがスニーカーにスプレーしやがった。悪癖、治っとらん。
スニーカーを洗ってから仕事場。年賀状を持ち相方の実家へ。
文春角田氏からの賀状に「今年もマラソン走りましょう」とあり、あったりめぇよと中央線車内にて呟く。

本日の食事
 朝 
 昼 パスタを自作
 夜 すきやき、刺身、筑前煮など

1.02
いっぱいやりながら箱根マラソンをTV観戦する。
最後に大逆転があり、力の入る展開。
その後もラグビーなど見てしまう。
ふだん見ないので、夕方にはぐったり。
帰宅。
娘の晩飯リクエストがラーメンで「げ」と思ったがつき合ってチャンポン食べたらうまく感じた。
なんえリーズナブルな我が家の食卓。

本日の食事
 朝 雑煮ほか正月料理
 昼 サンドイッチ
 夜 ちゃんぽん

1.03
午前中、近所の小平神明宮に初詣。
おみくじは引かず(好きでないのよ)。
午後、相方と娘は立川へ。
ぼくは休日運転の電車を乗り換え西荻へ。
町はまだガランとしている。

仕事に精を出す。シャキッとしねーとナ。
3枚だけ年賀状書きも。
親戚などとあわせて今年は10枚くらい書いたから
もう十分だろう(もらうと嬉しいけど書くのは好きでないのよ)。
えー、失礼ながらほとんどの方に返事をだしません。
その代わり今年はせっせとお会いしましょう。
顔を合わせて話しましょう。
エーガとかライブとかお誘いお待ちしてます。
つきあいは悪いですが……。

9時に切り上げ、寒風の中国分寺から歩いて帰宅。
冷たい夜の空気が気持ちいい。
東洋大、駅伝総合優勝か。やったなあ初優勝。

本日の食事
 朝 焼きガニ、ひじきとさといもの煮物、めんたいこ、飯一膳、カニ汁
 昼 
 夜 おでん、飯一膳

1.04
仕事じゃ仕事。
昨年から取りかかってる『(仮)裁判員制度想定問題集』という単行本の原稿を書いている。
題名通り、裁判員に選ばれたときに少しは役に立つようなものを目指しつつ、でも書くのは北尾なんで、村木一郎弁護士の協力を得て、専門的になりすぎず、読み物として楽しんでもらえるものをと考えている。
ナマケモノのぼくにとって心強いのは、村木弁護士と原稿のキャッチボールをしながら進めていくので、勝手にサボるわけにはいかないところ。
ま、ふたりしてサボったらどうしよもないわけだが。

1月は間もなく『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』が文春文庫から発売。
鉄人社のムック『この裁判がすごい!』も佳境を迎える予定。飽きもせずよ〜やるわこのオッサンは。まあ、でも仕事があることはありがたいことだもんな……と、低姿勢で考えてみる、なんてナ。

でもでも、息抜きに鶴岡の古本屋を調べてみたら、藤沢周平も資料を求めて通っていたとかいう「阿部久書店」を発見し、行きたい気持ちがいかんともしがたくなってくる。ここは新刊が1階で古本が2階。で、古本には値段がついていないらしい。
欲しければレジへ持っていき、いくらですかと尋ねるシステムだそうだ。
ちょっとした緊張感があるよな。
じつは、初夏あたりに文庫化が予定されている『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』で、せっかくだからどこかに古本旅して加筆しようかと考えている。頼まれたわけじゃないけど、チャンスは強引にでも作ってかないと。
鶴岡もアリだよな。
以前北尾堂の本を扱ってくれた「なんだ屋」(夏に行きそびれた)もあるし……。
冬の味覚は最高じゃろうて、フォフォフォ。

こうなると止まらない性分で、鶴岡を軸にまわれるエリアを考えてみた。
夏は青春18きっぷでいったが、今回は時間が限られるからそうもいかん。
特急を使うルートでは、たしか新潟で乗り換えるはず。
調べると、新潟市は古書店がほとんど壊滅状態だが、長岡は比較的元気があるようだ。
あるいは東北新幹線のつばさで新庄まで行って乗り換えるコース。新庄は未踏の土地だが古書店は乏しいのか。残念。
となると、やはり鶴岡&長岡かのー。
むむむ、いーねー。行くか、行ってみるか。
問題は積雪と寒さ。春の足音が聞こえてくる3月ならちょうどいいかな。

本日の食事
 朝 キャベツのカレー味炒め、目玉焼き、トースト
 昼 肉まん、ピザまん
 夜 ソーキそば

1.05
浅草は楽しい。
人は多いがクルマが入れないエリアが広く、小路も多くて嬉しくなる。
以前より清潔感が増していて、それが卑しさを感じさせないところに懐の深さを感じずにいられない。住んだら離れ難いエリアだろう。
端から見たら浮いているのかも知れないが、それなりに溶け込んだ気分でいられるのは歳のせいか。歩きながら粋って何だと考えてみたりするも答えは出ない。

下関マグロにつき合ってもらい、義父にもらった着物にあう雪駄や角帯を買うのが目的。
次号ダヴィンチの撮影で編集Iから正装を求められているので、いっちょう着物で驚かしてやれという魂胆である。
和装の店がたくさんあって、あれこれ見ていると時間を忘れるようだ。
おもしろかったのは、ステテコショッピング。
「ステテコも買っといたほうがいいよ」
「そんなもんは西友で買うわい」
「いや、そのステテコとはステテコが違う」
 なんてことを話しながら店へ行くと、ベテラン店員が持ってきたのは確かに見たこともないようなステテコだった。そして高い。
 3千円以上! 安物の帯にしたら、それよかステテコが上!
 大笑いだったよ。
 甥っ子、姪っ子のために手ぬぐいを買う。マグロは娘にと羽子板をくれた。

 新宿に出て、麻布茶房にてオークラ出版三田君にマグロを紹介。
 おっさん3人で甘いものを食べながら、「おっさん問答」の続きをやろうという話になる。話しているうちに企画がふくらんでくるのは、いい兆候だ。
 テーマは散歩とか禁煙とかかなぁ。企画が通るといいんだけど。

本日の食事
 朝 角煮と大根の煮物、油揚げと春菊の和え物、海苔、とろろ飯
 昼 タンメン@浅草
 夜 そば(冷、温)、天ぷら、焼き鳥、豚肉と春菊のしぐれ和え
[PR]
by torokitao | 2009-01-13 22:38 | 日記