杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年 12月 25日 ( 3 )

日記11.26-30

11.26
猫モー、シモマン宅での短期留学へ。「太ったねえ」と言われる。
うむ、毎日見てるとそうとも思えないが、5キロくらいあるかも。
あまり太ると脚に負担がかかるんで、もうこれ以上はダメだ。

飼い主のぼくはここんとこ体重に変化はないものの締まってきた感じがしていて、これは走ってるからじゃないかと思われる。体脂肪率は我が家の計りによると3%くらい落ちている。現在66キロ、14%。
学生時代は60キロもなく、ひょろひょろしてて嫌だった。35歳のときで63キロくらい、それからじわじわ増えてきたわけだ。走るには軽いほうが有利だから、あと2キロほど減ればベストだろう。

沖縄行きを控え、それまでの日程が埋まってきた。ラジオライフなんて、沖縄滞在中に現地での取材をブッキングしてくるんだもん、鬼だよ。
出版界恒例の年末進行はこれからが本番。
12月半ばまで締め切りに追われたら、それ以後は腰を据え、単行本の原稿を書くつもりだ。
私生活でも差し迫ったことがあり気の抜けない年末。
忙しいのが好きな人もいるのだろうけど、ぼくはそういうタイプではなく、遊べないと憂鬱になる。でも手を抜かずマシな原稿を書かなければな。

本日の食事
 朝 具沢山のスープ、りんご、チャーハン
 昼 海老入りの太巻き@だんごの輪島、朝のスープの残り
 夜 近所にできたラーメン屋を試す。塩ラーメンと餃子。ま、こんなもんかの味。

11.27
目覚めれば一人っていうのは何かホッとするようなところがあって、ぼーっとしながらコーヒー入れたり新聞読んだりしてると、このまま二度寝して心ゆくまで眠りを貪りたい誘惑にかられる。
しかし今日は高遠に行く日なのでそんなことはしていられない。
バスでいくので、家に転がっている本からデイパックに入る程度の売り物(本の家の)を選び雨の中を新宿駅に向かう。
ずっと雨。高遠も雨。伊那市駅まで斉木さんが迎えにきてくれ、早くも夕暮れになりつつある町を飛ばす。
店はヒマ。昨日、長野TVだかの放映があったそうだが今日のところは音無である。
夜、7名で来年のイベントについての初ミーティング。
それぞれモチベーションの高い人たちだ。おもしろくなってきた。

深夜、上京する斉木さんの赤いクルマに同乗させてもらい、自宅着午前5時。
長い一日だったのお。つうか高遠にいたの12時間もない。

本日の食事
 朝 バナナ
 昼 たちぐい天ぷらそば
 夜 「本の家」でこちょこちょつまむ.パスタも。

11.28
10時前に目が覚め「わっ」と叫んで飛び起きる。
5分で着替えて西荻へクルマで。
が、混んでて待ち合わせに30分も遅刻してしまった。その相手、鉄人社のオガタは「それだったら国分寺に行ったのに」と。そうか、その手があったか。まったく考えもしなかった。西荻に10時半しか頭になかった。
で、打ち合わせの中身は次号連載の件と、来年だそうっていう裁判ものの別冊のこと。北尾責任編集でやってくれといわれていたんだが、アイデア出しくらいでいいのかと思ったら大間違いで、もっと深く関われと有無をいわさない。
うーむ、そう言われてもすぱっといいアイデアが出るでもなく、なんかはめられた気分ではあるが……。
とんぼ返りして相方を送り、そのまま娘と妹の家へ。
孫に会いたくてたまらない母親にせめてもの孫孝行だ。
うまい具合に娘が絶好調で、遊ぶ遊ぶ。

こちとらにはマラソンについて数本電話。
「無理するな。本当にダメだと思ったらレースを降りるのもひとつの決断だよ」
先日までは叱咤激励電話が多かったけど、今日はこちらの意地っ張りな性格を良く知るオヤジたちだけに、的確かつ心優しい言葉と受け止める。

夜になっても娘の勢い衰えず、結局11時近くまでいて、引き揚げた。
帰宅11時45分。就寝1時。

本日の食事
 朝 
 昼 コンビニで買ったパン
 夜 お好み焼き、うんまいお新香、果物

11.29
8時起き。シャワー。12時半西荻。
今日は「ダヴィンチ」で予告したブッククロッシングの集まり。
編集岩橋、中村、カメラのハラダがサポートにきてくれた。
読者15名が入れ替わりつつ4時半まで。持ち寄った本の話をしたり、ただの雑談だったり、なんだかんだのコミュニケーション。
こうした能力については女性のほうが興味も能力も高いのか、15名中13名が女性だった。男は古書イベント時にもきてくれた青年と文春担当の角田氏だもん。
誰も知らないところに飛び込んできた人は皆無だったことになる。
日本におけるブッククロッシングの方向性が見えた気がした。
今日は前担当者の中村君がうまく溶け込んでいたのが印象的で、成長を感じさせられた。岩橋は担当でもあるし、ほっといてもうまくやるほうだから心配しないのだが、中村君は器用じゃないので気が重いんじゃないかと思っていたのだ。24歳、もまれてこなれて伸び盛りの時期ってことだよな。

その後、岩橋と銀座へ取材に。次号は書斎がテーマである。
カメラは初対面の鈴木さん。終了後、3人でお茶しながら少々話し込む。

帰宅すると「オレキバ」のゲラ届いてた。判型がでかいと迫力があるね。
見るのは明日にまわし、1時過ぎまでネットで調べモノなど。
だんだんまぶたが重くなって、もうおしまい。

本日の食事
 朝 ブロッコリ、しめじ、肉のクリームソース、パン、りんご
 昼 
 夜 中華丼、スープ@国分寺駅そばの中華屋

11.30
朝から埼玉の南栗橋までいって、宮坂くんと東武鉄道のフェスティバルを見学。
そしたら東武つながりなのか、日光アイスバックスのブースがあった。
近寄ってみるとスタッフの鈴木氏が売り子をやっているので声をかける。
チームは中国遠征中で、えのきどいちろうさんも帯同しているらしい。
その間にこうやって営業活動しているわけだ。その熱心さに敬意を表し、スウェットのロゴ入りパーカを買う。

昼には切り上げて越谷で昼を食べて帰路につく。
[PR]
by torokitao | 2008-12-25 11:57 | 日記

日記11.21-25

11.21
午後、朝日新聞浜田奈美記者が来訪し、血液型本について取材を受ける。
「ダヴィンチ」の連載ページで血液型本をやったのを読んだとのこと。
まさかこのテーマで喋る日がくるとは(笑)。
後半は雑談で、途端に浜田さんがいきいきと喋りだしたのがおもしろかった。

バイトにきてくれてるカナさんと喋ったり、雑務を少々した以外は
だらだらと夕方まで過ごす。
高遠の「本の家」はテレビの撮影をしているそう。長野放送かな、放送は
25日あたりらしい(詳細は不明)。

帰りしな今野書店に寄り、周平の文庫本2冊購入。
ここ、「中央線で猫とぼく」のサイン本を置いてくれていて、売れてなかったら悪いなーとか思って入りづらかったのだが「動いてますよ」と言ってもらって安心した。

帰宅後、文春池延さんから文庫の装画ラフ案届く。
と、ここまでで電池切れになり、もうどうでもよくなって飯食うのも面倒。
寒くて走るのもサボってしまう。いかんいかんと思いつつ。
周平の世界に逃げ込むとするかの。
「闇の歯車」(講談社文庫)。
新装版の文庫だけど、装幀が黒地に歯車のマークって、そんな単純な……。

本日の食事
 朝  リンゴ
 昼 パン
 夜 

11.22
今日ちょっと体調が悪かったのは尾久で行われた鉄道イベントに朝から行き、部品販売の列に2時間も並んだからだろう。寒かった。
けれどもそれだけの収穫はある。会場中(車庫だけど)老若男女があふれていて、鉄道がキング・オブ・ホビーと呼ばれる理由を体感できたからだ。知らなかったなあ、すごいよ鉄道。家族連れで線路の上にじか座りして駅弁食べてるから。動かない車両が満員で、何してかと思ったら座席で駅弁食べながら旅の雰囲気出してる。
ぼくもこの輪の中に入れたらと思ったけど、コレクターの資質がないし、我を忘れる能力に欠けるところもある。
マニアックな人に惹かれ、知識もないのに会いに行ったときに思いがけず親切にされることが多いのは、もしかしたらぼくに、無条件で彼らを尊敬する気持ちがあるからかもしれない。
楽しかったので、つい禁煙車のプレート、日本国有鉄道の鉄のプレートを購入。古本屋がこんなの買ってどうするんだ? よくわからん買い物である。

夜、藤沢周平「闇の歯車」すいすい読了。
すぐに「時雨みち」にかかる。林静一による挿画がいいね。

過去16年連続で行っている麻雀旅行の年譜らしきものがだいたいできた。これを元に実録風の文章を書こうと思っている。ノンフィクションがいいんだけど古いことは記憶が曖昧で、細かいことは忘れてしまっているのだ。でも、先日、裏モノjapanのオガタと会ってある程度の流れと、この旅行が本当にくだらないということが確認できたから、どうにかなるかな。いま、少しずつ構成を考えているところ。

年内で週刊文春の仕事が終わるので、来年は少しゆったりめのサイクルでやってみたい。もとの月刊誌をベースとする日常に戻るのではなく、何かもう少し違うサイクルを覚えて行く時期というか。
なにしろ来年は高遠が忙しくなる予定だから、フットワークを確保しておきたいのであります。

本日の食事
 朝  リンゴ
 昼 タンメン、半チャーハン、餃子、わかめスープ@田端「蔵王」
 夜 カレイの素揚げ、切り干し大根、青菜と山芋炒め

11.23
終日自宅周辺。仕事は休みだけど脳内では激しく活動しているので、あんまり休んだ気がしないっす。

本日の食事
 朝  リンゴ、パンいろいろ
 昼 たいやき
 夜 蒸した野菜、カキ、シャケなどをポン酢やゴマだれで。湯豆腐。つけ麺

11.24
休日。おふくろと妹一家来訪し、一緒に食事。
おふくろ、我が家に泊まる。

本日の食事
 朝  切り干し大根、納豆、みそ汁、飯半膳
 昼 中華そば、餃子@小平のラーメン屋
 夜 しゃぶしゃぶなど@我が家から歩いて6分「四季亭」

11.25
夕方まで母親、相方、娘とですごす。
羽村動物園へいった。小さくて味のある、いい動物園。
キリン、カモシカ、レッサーパンダ、ペンギンetc.
カピバラがいないのが残念だ。
なぜか鶏が各種揃っているのだが、それをうれしそうに見る人はいないのだった。

5時半に「コミックバンチ」編集部。霞っ子クラブのユキさんと
対談する。7時過ぎに終わり、ばたついてるので食事もせず帰宅。
国分寺から歩く途中、降り始めた雨に濡れてしまった。
週刊文春原稿など。
就寝1時。ノドが痛い。風邪か……恐怖。

本日の食事
 朝  野菜とベーコン炒め、サラダ、ラフランス、トースト
 昼 ビーフカレー@デニーズ
 夜 おにぎり2つ、だしまき卵
[PR]
by torokitao | 2008-12-25 11:52 | 日記

日記11.16-20

11.16
いろいろあってほとんど眠れず、家から出られない事情もあって皇居での陸トレへの参加を断念。くーっ。
終日自宅ですごす。少し昼寝も。

原稿短いの2本。
「日本の古本屋」メルマガ用と、長野のフリペ「日和」。

本日の食事
 朝  アジの干物、みそ汁、飯一膳
 昼 カレーライス@東京地裁の喫茶店
 夜 ほたてのカルパッチョ風サラダ、トマトソースのパスタ

11.17
午後から仕事場で資料づくりと読書。
5時にはもう日が暮れた。夜の長い季節だ。
四谷3丁目「どんぐり」で太田出版山下嬢と軽く打ち合わせしてから、鉄人社オガタと荒木町へ。
これからやろうと思っている仕事のため、記憶を呼び覚ますのに協力してもらうのである。
話しているうちに蘇るものがたくさんある。それにつれて編集者とライターという立場みたいなものもどうでもよくなってきて、だんだんとプライベートな会話になり、そうなってしまえばもう止まらず、閉店までノンストップだ。オガタとじっくり話をするのはめずらしいことだが、いろいろと考えさせられた夜だった。

本日の食事
 朝  目玉焼き、ハムとブロッコリの炒め物、パン
 昼 
 夜 黒豚しゃぶしゃぶのコース@荒木町「無門」

11.18
朝、割とゆっくり起きる。天気がいい。デッキで一服。
仕事場に行き、w文春をのんびり書きつつコーヒー飲んだり。
午後からはカナさんもきて興味深い話を聞いたり。
4時に原稿上がっていそいそ帰る準備。帰宅5時。
ジョギングに出る。空がみるみる暗くなる。
シャワー、夕食、子供の遊び相手。
遅くなって「藤沢周平が愛した静謐な日本」読了。
波乱は何もなかったけれど、これはこれで幸福な一日。

本日の食事
 朝  けんちん汁、イカと野菜の炒め物、飯一膳
 昼 
 夜 野菜ラーメン

11.19
休養日。
朝食前にジョギング中、道の向こうにでかい山が見えた。
なんだと思えば富士山である。
雪化粧もすませ冬のたたずまいだ。
富士山がこれだけくっきり見えるのは冬の間が多い。
気温も低く、冬がきたことを思わせる。
走る分には指先が冷たくてあまりいいもんじゃないが。

帰宅すると「本の家」の斉木さんから、高遠は雪がちらついているとメールがあった。
相方たちが外出したので、ソファに横になり、いずれ書くつもりの原稿についてぼんやり構想を練る。

午後、東京新聞宮晶子記者とカメラ担当女史来訪。
ペット記事の取材である。スーとモーがモデルを務めることになっており、
ビビリ性のスーが逃げ回るのではと心配していたら、なぜか機嫌が良くて無事に職務をまっとうした。夕食は豪華にしてやらねばな。

晩飯食べに行きがてら100円ショップに寄って手袋購入。
夜は和やかに。休みじゃけん。

本日の食事
 朝  けんちん汁の残り、鮭、飯一膳
 昼 カレーパン、コロッケパン
 夜 きつねうどんと丼もののセット@小平「のらや」

11.20
午後から新宿に出て下関マグロと昼食。アドホックビルの上にある
タイ料理屋がランチバイキングになっててけっこううまい。タイ料理は野菜がたくさん採れるのでいいのだ。ここはおすすめ.1050円。
トップスに移りあれこれ雑談。おっさんシリーズの続きをやるかと相談する。
禁煙中のマグロを前にたばこを吸うのは気が引ける、なんてこと言ったら「北尾も禁煙してみればいい、走るんだろ?」とニコチンガムを渡された。
さらに麻布茶房に移動し、ダヴィンチの飯田、岩橋と会う。マグロを紹介。
飯田から文庫の、岩橋から連載のゲラがどさっときた。年末進行でバタバタしているモヨウで慌ただしい雰囲気だ。
別れて紀伊国屋書店を冷やかし、駅に行く途中、飯田から中央線がストップしているとのメールが入る。総武線は大丈夫だったので、西荻に戻って仕事し、ニュースで運転再開を確認してから帰宅。

w文春、モウラ、ダヴィンチ、文庫本。本日はゲラ読みの日でした。

本日の食事
 朝  ソーセージと野菜の炒め物、パンケーキ
 昼 タイ料理バイキング@新宿「エラワン」
 夜 キムチ鍋、野菜の和え物、飯一膳
[PR]
by torokitao | 2008-12-25 11:49 | 日記