杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日記10.11-15

10.11
起きるには起きたが、右太ももに張り。
右骨盤に違和感。
バッティングセンターのせいで上腕筋に痛み。
冴えねえ。
午前中、娘用の家具つくったり模様替えしたり。
それから寝る。

4時頃、仕事場。後半は自宅に戻ってダヴィンチ原稿。
24時、やっと書き上がる。はー疲れた。
デザイナーさんお待たせしました。すんましぇん。

さあ寝るかと思ってウェブのニュース。三浦和義氏の自殺を知る。
三浦氏と会ったことは一度しかない(ロフトプラスワンのイベント)けど、ぼくがライターになったころ、「疑惑の銃弾」で渦中の人だった。
出入りしてた編プロの記者はいつも興奮状態で「三浦が、三浦が」と駆け回っていたっけ。
それがこういう結末を迎えるとは。
若かりし日の記憶が蘇り、なかなか寝付けず。

本日のメシ
朝 シチュー、パン
昼 野菜ラーメン
夜 

10.12
慌ただしい一日。
朝から丸井行って、午後1時頃オノデラさんちに一家で伺う。
シモマン、マッちゃん、大宮君、カバちゃん、ミヤケさん、そして子供たちが5人。
ガヤガヤと食べたり呑んだり(ぼくはクルマなんで茶)。

3時前、ひとりだけ辞して西荻。
西荻ブックマーク第26回は、高円寺コクテイル狩野さんと角田光代さんの回。
会場作りの準備に追われる。
4時半、どっとお客さんが入り始め、椅子が足りないほどの盛況。
ぼくは今日、物販を担当。おふたりの本を販売した。
3部構成で7時まで。
なごやかでいいイベントになったと思う。

終わって、角田さん、島本理生さんと少し話す。
何度かお会いしている角田さんはまだしも、初対面の島本さんにまで
「そのうち高遠の『本の家』でトークやってよ」と言ってしまう自分の図々しさに驚く。

相方が酔っぱらうと電車内に娘を忘れてきかねないんで、二次会会場へ向かう皆さんとわかれ、オノデラさん宅に引き返す。
そんで家へ。
ふたりはすぐに就寝。
小腹が減ってきたが何もない。

カバちゃんがくれた『ヨムマラソン』、おもしろくてつい読み込む。

本日のメシ
朝 オープンサンド
昼 黒鯛刺身、小アジのハーブ風味、イナダの漬け、アジとトマトのグラタン風、黒米おにぎりなど@市ヶ谷のオノデラさん宅
夜 

10.13
終日自宅周辺。
『ヨムマラソン』、読了。

本日のメシ
朝 サラダ、パン
昼 パスタのコース@自宅付近のロイヤルホスト
夜 きびなご、海老、カニの揚げ物、茄子の煮浸し、豆腐の煮物、みそ汁、飯一膳

10.14
サイクルが悪くなっている。陸トレのことである。
朝、冷え込んでいたから夜走ろうと思ったら雨。
あせりばかりつのる。

陸トレしなかったので早めに仕事場に行く。
ビルの入り口で不動産屋が血相を変えていて、聞くと、水道漏れで大変なことになっているらしい。
ぼくの部屋も、水漏れしていると水道局の人が言っていたが、原因はビル内部にあったようだ。

ラジオライフのゲラを見たり、来襲末の九州行きの件でメールのやり取りしたり。
12時に、年に一度くらいのペースで本を売ってくれるNさん来訪。
少し古めの、味のある本、多し。うれしくなる。
Nさんは荻窪在住なので、いつも歩いてやってくる。そしてNさんは定職に就かず、フリーター生活を長く続けている。
「まだやってますよ。ここまできたら、できるかぎり続けます」
力強い発言だ。
Nさんと1時間くらい雑談をしてから代々木に出る。
雨が降り出したのでコンビニでカサを買う。
ダヴィンチの2人と待ち合わせ、
デザイナー米谷テツヤの事務所を訪問。文庫の装丁依頼である。
イメージがすぐに決まったので、話はとんとんと進んだ。

終わって出ると雨足が激しくなっている。
重い心で仕事場へ。
裏モノjapan、高遠でのインタビュー原稿のゲラを見る。
それから週刊文春の原稿書いてたらM嬢来訪。でもぼくに用事じゃなかったし、原稿も途中で、上がってとも言えない。たまにゃゆっくり話でもできればよかったけどねえ。

10時頃書き終えて送信。
電車内で『旭山動物園』(小菅正夫)読みつつ帰宅。
しばし猫にかまける。

屋根裏部屋に上がり、
某出版社からの裁判本執筆依頼メールにお断りの返信を。
依頼がくることはありがたいことなのだけど、裁判本はもう、いま抱えているものだけで一杯いっぱいなのである。
せっかく指名してくれているのに申し訳ないが、貧乏性で欲張りなぼくでもこれ以上はねえ。こういう好機に一気呵成に書きまくるという考えもあるとは思うけど、ぼくには向いていないし、能力が追いつかない。
先方の意図は、
『裁判員制度を控えてその手の本はタイミングがいいから出したい』
これに尽きると思う。
ぼくはそんなにうぬぼれ屋でもない。
いくらでも書き手はいるのだ。
たぶんあっさりあきらめてくれるんじゃなかろうか。

本日のメシ
朝 りんご、ゴーヤと卵の炒め物
昼 天玉そば@代々木の立ち食いそばや
夜 

10.15
7時半起床。陸トレやってシャワー。玄関掃除。
11時に「うちの猫のキモチがわかる本」(学研)の取材チーム来訪。
猫の話をし、写真を撮られる。

午後、w文春ゲラ。3時間くらい時間が空いたので、未開封だった雑誌などパラパラやって過ごす。
あと企画のことを考えたり、数年ぶりに連絡あった辰巳渚さんに返事書いたり、ややのんびり。
こういう時間がもっと欲しいと願う。
なんてナ。原稿書かなくていい日が好きなだけかも。

4時に四谷。
「モウラ」宮坂君と待ちあわせ、取材のため六本木ヒルズまで行く。
次回「テッカバ」のテーマは競売物件だ。
しかし六本木ヒルズって、なんかヤな雰囲気が漂っているな。
これは何だろうか。
西荻と対極にあるような雰囲気だ。

まっすぐ帰宅して食事後は藤沢周平を読む。

本日のメシ
朝 スクランブルエッグ、パン

夜 さんま、豚肉とキャベツの煮たようなもの、茄子の煮浸し、海老シュウマイ、吸い物、飯一膳 
[PR]
by torokitao | 2008-10-19 13:54