杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2.28

 7時半起床。晴れ。
 ゆうべは熟睡。いつもだけどもっと熟睡。
 歯を磨き顔を洗う。コーヒーがうまい!
 午前中は銀行により、家賃の振り込み。月末で大混雑しており、20分も並んだ。記帳もする。残高キビシい。
 メール書いたり郵便局に行ったり、細々と働く。細々できるのは今日しかないのだ。R25企画を考える。頭に浮かぶのは大きな企画で、なかなか手頃なものが出てこない。ダブの宇田川さんから連絡。映画化の件、どうも本気のようだ。だとすれば会わねばなるまい。上々堂のサイトをのぞくと、ぼくと同じエキサイトのブログを使っている。しかも、ブログで店番日記から新着本まですべてのコンテンツをまかなっており、トップページのデザインも自前だ。うむむ、こんなことができるんだ。ぼくもこういうふうしたいんだよなあ。そうすれば全体がスッキリするし、プロバイダーに金を払う必要もなくなるってもんだ。研究したい。
 3時になった。ダ・ヴィンチ取材のため編集Hとハラダ氏来訪。風呂事務所を見て「集中できそうですね」といわれる。そうよ、2月はそこそこやったから、3月はもっとやるんだよ。
 サパナから自宅、ロイヤルホストと場を変えて撮影&打ち合わせ&取材アポ取りを一気に進める。Hにタクシーで送ってもらった。
 7時頃、猫スーシッターまゆちゃんと上石神井で食事。洋食屋。ここのおやじが見事にやる気がない。今日も客に背を向けて、扉の修繕に全力を傾けていた。料理はう〜んだが、やる気がないのを見に行ったのだから期待どおりである。したがって我々は夕食を満喫したってことにしておこう。ゲフッ(おやじの作った妙にコショウのきいたサラダのせいか胸焼け)。
 まゆちゃんを自宅まで送り、合い鍵を受け取って家に戻る。相方がカゼで寝込んだのでネットが使えない(回線がきている部屋で寝ているので)。凜を風呂に入れ、寝かしつけてから、仕事を続行。
 パソコンに向かっていたら、日付かわって3月になった。
 今月は仕事が盛りだくさんだ。「気分はもう、裁判長」と「怪しいお仕事2」(仮題)はぜひとも書き上げたい。多少の連載仕事もある。西荻コムで請け負った自費出版物の編集作業も待ったなしだ。宙ぶらりんになっている「声に出したい昭和語」と「新世紀書店」の書籍化にも本格的に取りかかりたい。「裏モノjapan」の新連載企画も決めなければならん。決めたら即、動かねばならん。
 ここまでやって、ようやく春がくるのだけどさ、我が日記をお読みの方ならお察しの通り(お前にゃムリだろって声が聞こえる)、日頃の仕事ぶりを見つめると、全部こなすってのは困難だよなあ。じりじり進むしかないかなあ。うーむ。
 
 ・本日の飯 昼/「大松庵」でカツ重セット 夜/オムライスセット
[PR]
by torokitao | 2005-03-01 07:44