杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

10.14 これから寝るのだ

「こうき心」ゲラチェックから一日がスタート・・。
 風塵社・小松氏から明るい声で電話。打ち合わせしたいとのことで来週会うことになる。3冊目の古本本、今度はオンライン古本屋シリーズではなく出そうと意見が一致。どうしたって古本屋やってる話は出て来るにしても3冊も同じスタイルはクドイ。書いてるこっちも飽きる。
 それはいいのだけど、そうなるとコンテンツをどうするかだ。これまで前半は雑文で後半は日記にしてきたのを変えるとなると・・。
 タイトルは浮かんでいて「古本で遊ぼう」にしようかと。ふざけた人間じゃけえ。古本遊び人じゃけえ。どうっすかね。ママと遊ぼうみたいかな。「古本で遊びたい」のほうがいいか。「古本で遊ぶ99の方法」ってそんなにねーよ。
 でもって中身だ。ここ2、3年やってきたことのなかで書いておきたいのは各種イベントのことや今回の古本村旅行、これからやることになりそうな年末の古書展あたり。ここまではいいとして、日記も好きなんだけど、それをやると変わりばえしないし、たまには本のことを書いてみようか。サイトにも一部出しているけど、本の紹介記事、けっこう書いてるんだった。それと、古本屋目当ての旅行ね。これぜひやりたい。
 
 二度寝し、飯など食べ、チャリで仕事場に行く。今日は暑いから歩きたくない。
 翼の王国「タイ≒象」ゲラと抜け部分のキャプションを書いた途端に「まだですか」の電話。あぶないあぶない。すぐにファックスする。
 直後にライターの藤本さんから電話。ダンテで、「東京人別冊杉並特集」だったか、古本屋について取材を受けた。アイスコーヒーがおいしい。
 サパナに戻ったらついに編集Iから電話がかかってきた。
「どうですか、煮詰まっていませんか」
 煮詰まるもなにも、まだ1行も書いていないのだ。
「・・・」
「しかし、これからがんばる気はある、もちろんある」
「・・・じゃ、明日の昼までにはおねがいします」
 
 発送作業をしたし、ハヤシちゃんが遊びにきたし、いただいた東京人に目を通してしまったり電話がかかってくるしで、6時まで何もできなかった。そばにいるシモマンは着々と年賀状用のイラストを仕上げており(サパナでは年賀状の販売をしているので、いまが忙しい)、ぼくとしても気持ちはあせるのだけど、ポツポツとしか進まない。
 7時あたりから調子出て、原稿を始める。晩飯後、しばらく読書。こういうときほど読みたくなる。そういや今週あたりビリヤードの話があったけどどうしたかな。オレが連絡するって話だったっけ。ボケ老人かよ。どっちにしても今日は無理だったわけで来週かな。
 サパナカフェも終わり、いよいよひとりになって、せっせせっせと書く。明け方5時前に完了。送信し、このまま帰るか、新着本でもやるか迷いつつ日記を書いている。
 
 本日のメシ 朝・肉じゃが、ししゃも、たこキムチ、みそ汁、飯2膳 夜・「大松庵」でカツ重セット
[PR]
by torokitao | 2005-10-15 06:00 | 日記