杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

7.07 打ち合わせばかり

 編集Iと打ち合わせをするために、新宿ルミネ2のブックファーストで待ち合わせ。平日の昼間だからか空いている。
 少し時間があったので、ふだんは見ないジャンルの雑誌コーナーを見て回ると、なかなかおもしろい。一冊一冊はそれほど食指が動かないのだが、カタマリになると雑誌にはまだ、ぼくをわくわくさせるものがある。
 最近でこそ単行本や文庫も出せるようになったが、もともとぼくは雑誌のライターなのだ。雑誌に駄文を書き飛ばしていた頃、その原稿を本にしようなどとは考えずにやっていた。企画を考え、取材して、書いて、引き換えに原稿料をもらって生活していた。
 年齢を経るにしたがい、だんだんそういう仕事が少なくなり、つい「まとめる」ことばかり考えてしまうのはつまらないことだ。その意味で、まとめることを考えないでやっているダ・ヴィンチの連載はぼくにとって大事。編集Iとあれこれ知恵を絞る。
 西荻丼の配達と集金をしてから「ダンテ」で打ち合わせ。というか幻冬舎新雑誌のスタッフとなんだかんだ話をする。
 女性ばかり3人もわざわざきてくれてありがたいことなのだが、新雑誌のコンセプトについて明解な説明がないので、何のために喋っているのか、いまひとつわからずちょっと困った。なにしろ雑誌のタイトルもまだ決まっていないようなのである。原稿を頼まれたわけでもないのに企画の話もしにくい。彼女たちがぼくに何を求めているのかよくわからないのだ。
 それでもつきあってしまうのは新雑誌だからだろう。まだカタチの定まらない新雑誌には夢も希望もスタッフの熱気もあって、そこが好きだ。
 
 しかしこのところ打ち合わせばかりしていて、手を動かしていないな。少しインターバルをとるため意識的に控えていた裁判所通いも、そろそろ再開するか。
 外に出ると雨が降った形跡。
 仕事場で雑務をしながら、裁判本のゲラが届くのを待つ。うとうと居眠り。
 バスで帰宅し、思い切りカレーライスを食べる。
 ゲラ、ざざっと読み流し、眠くなるまでテレビ。2時半就寝。
 
・本日の飯 朝/オムレツ、サラダ 昼/シナモントースト 夜/豆とアボガド、タマネギのサラダ、カレーライス
[PR]
by torokitao | 2005-07-08 07:53 | 日記