杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2009年個人的10大ニュース

[2009年10大ニュース]
いやー、いろいろあった2009年ももう最終章。秋からが早かったなあ。

1 第1回高遠ブックフェスティバル開催

8月29-30の2日間、念願のブックフェスを開催。
約100名のスタッフとともに汗を流す。
2500人くらいの人がきてくれて小さな町は大にぎわいだった。
個人的に印象深かったのは、通りのあちこちに設置した本棚を中心に
多くの人が高遠の町を回遊してくれたこと。
それから、こども新聞の発行やヤギのいる読書スポット。
こどもが町を走り回る様子、なぜかヤギがいて、そばで読書してる光景が
おもしろかったな。
飯沢耕太郎、いしいしんじ、角田光代、都築響一、永江朗各氏を招いての
トークショーやシンポジウムも、それぞれ楽しかった。
フェスを通じ、多くの人たちと知り合えたことが何よりの褒美だ。
もちろん第2回も開催するつもりである。

2 5月1日、高遠「本の家」1周年

とはいえ仲間とやってる「本の家」の経営はラクではなく、
赤字運営を余儀なくされている。
目的は「日本に本の町をつくる」ことなんだから、
ブックフェスの成功ごときに浮かれてはいられないのである。

3 映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」クランクイン

数年前から企画はあったが、実現はしないだろうと踏んでいた。
まさかの映画化といってもいいだろう。
ぼくも裁判長役でちょこっと出演。
すでにクランクアップし、ただいま編集作業中。
公開は2010年夏か秋の予定。

4 TVドラマ「傍聴マニア09」放映

TVドラマ化も、考えもしなかった展開である。
向井理、六角精二、アッキーナの出演による連続10回(日テレ系)。
原作はコミックバンチ連載中の「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」(松橋犬輔=画)

5 那覇マラソンまたしても完走ならず

2回目はハーフ地点で制限時間超過のためストップ。
能力の限界ではなく練習不足だと思うので、
懲りずに3回目のマラソン出場で 完走を狙いたい。
チームトロを結成してランニングシャツ作っちゃったし、ここでやめるわけには。

6 単行本は2冊
「裁判長!おもいっきり悩んでもいいすか-裁判員制度想定問題集-」(村木一郎監修 文藝春秋)

「ぼくに死刑と言えるのか」(鉄人社)>

文庫が2冊
「裁判長!これで執行猶予は甘くないすか」(文春文庫)
「ぶらぶらヂンヂン古書の旅」(文春文庫)

裁判員制度施行もあり、そっち方面の仕事が多かった。

7 エーゲ海でぼんやり夏休み
って、仕事だけど。
イドラ島で、ロバとたわむれておりました。

8 実録小説っていうのだろうか、実話を元にしたフィクションに初挑戦。

「中野さぼてん学生寮」(一冊の本)はまだまだ連載中。ぼくが19歳〜20歳当時の話。

9 連載→書籍化→旅行企画に

「もいちど修学旅行をしてみたいと思ったのだ」の雑誌連載時タイトル「修学旅行リターンズ」が、 旅行会社からのオファーで商品化

10 仕事場引っ越し
旧仕事場の寒さに耐えかねて年末にバタバタと西荻内で移転。
少しだけ駅から近くなる。
仕事じゃなくても寄ってもらえるような、風通しのいい仕事場でありたい。

別格) 忌野清志郎、死去。享年58歳。
[PR]
by torokitao | 2009-12-26 07:22 | 日記