杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

3.11-3.20

3.11
終日自宅。
療養なので昼間は働かない。
頭痛が酷くなるからじっとしてた。
風邪だけでも早く治らんかなあ。
昨日から講談社Mくんから狂ったように電話がかかってくる。
夜、しょうがいないので今日がギリギリの「モウラ」書く。

本日の食事
朝 フレンチトースト りんご
昼 やきそば
夜 パスタとサラダとスープ(グラッチェつうファミレス)

3.12
仕事場でゲラ。
ダヴィンチ少し書き出す。

文春文庫池延さんから異動の知らせ。
4月から新書へいくそうだ。
池延さん、ぼくにとってはとっても仕事のしやすい人で、
それがこうなったということは、これまで「表紙がつまらん」
「モノとしての愛着が持てない=テキストのカタマリ」という
イメージが強く、避けて通ってきた新書をやる時期になったって
ことかなとふと思う。
本作りの仕事は人とやるもので、ぼくはとくにその考えが
強いほうなので、万事、適当にいいほうに考えることにするのだ。

夕方、病院。やっぱなー、リンパ腺の腫れ、原因は特定できないみたい。
うんざりしながら歩いて帰る。

入浴、体重計ったら65キロを切ってた。2キロくらい痩せたかなあ。
重さ的にはちょうどいいので、いま以下にならないようにしたいところ。

夜、疲れ出て8時過ぎには就寝。朝まで一度も目覚めず。

本日の食事
朝 かに雑炊を一口 りんご
昼 サンドイッチ
夜 具沢山のパエリア パン

3.14
終日自宅。
風邪、だいぶ軽くなる。
リンパの腫れも、ピークをこえたモヨウ。

3.15
人の記憶なんてアテにならないものだ。
ぼくはずっと、自分は大学を出てから半年ばかりフリーターをし、
その後、編プロでバイト→フリーライターになったと思い込んでいた。
ところが事実は異なり、大学を出てから1年半ほどフリーターをし、
その後、編プロでバイト→フリーライターになったようだ。
なるほど、そういえばかなりブラブラしていたような気もするわけであるが
その差1年である。いかに中身のない日々を過ごしていたかって話だ。
この話は先日、下関マグロと、知り合った経緯を話していてやっと判明した
のだから、少なくてもこの10年くらい、ぼくは自分の略歴を勘違いしていたことになる。
しかしなあ、何してたんだろ、あの1年。

義父の納骨のため横須賀へ行く。
親戚たちと会食。
胃が小さくなっているのか、まだ食が細いのが難。
が、往復5時間の運転は、
ちょうどいいリハビリになった。


夜、いま一緒に本を作っている村木一郎弁護士(&谷口弁護士)が出演した
TV番組のDVDを見る(我が家にはTVがないため文春森さんが手配して送ってくれた)。
素晴らしい方と一緒に仕事している自分の好運さを噛み締める思い。
負けてらんねーな。

本日の食事
朝 さわらの西京焼 みそ汁 飯一膳 りんご
昼 横須賀の懐石料理屋にてコース料理
夜 りんご

3.16
去年の5月から法人化したので、確定申告はそれまでの分でいいのだが、
資料を整理していた税理士から、他に収入はないのかと連絡。
収入を経費が上回り赤字決済になりそうだという。
忘れていた分を追加で渡したりして、最後はほぼとんとんに。
今年は還付金の楽しみがない。

西荻駅から仕事場に歩いていると李さんがチャリで通りかかり、声を
かけられる。まだしこりはあるけど、外見上はリンパ腺の腫れ、気づかないそうだ。
「ラジオライフ」ゲラ戻し。
その後、のんびり古本の拾い読みしていると不動産屋が。
管理会社が変わったとかで、以後の振込は当社へ、ということだった。

早めに帰宅し、娘と公園まで散歩。
夜、藤沢周平とユーチューブ。
ちょっとのつもりが、チャーを見てたらどんどんリンクして行き、
2時間以上も聴き続けてしまう。

本日の食事
朝 さわらの西京焼 みそ汁 飯一膳 りんご
昼 横須賀の懐石料理屋にてコース料理
夜 りんご

3.17
「オレキバ」のゲラチェックしてから西荻。暖かい。
久しぶりに大宮君、カナさんも揃って、仕事場らしい雰囲気だ。
「モウラ」レース鳩原稿の残りを書く。
体調が良くなっているせいか、書くのが楽しい。

夕方から外出し、神保町で集英社•相馬氏、カンゴローと会食。
相馬氏、女性誌の人なんで仕事の話は抜き。気楽でいい。
しゃぶしゃぶを食べた。
回復途上の胃袋にしゃぶ肉はきつかった。

帰宅11時半。

本日の食事
朝 カレースープ りんご フレンチトースト
昼 
夜 しゃぶしゃぶのコース(神保町「いぬ居」)

3.18
午前中、吉祥寺バウスシアターで「チェンジリング」を観る。
アンジェリーナ・ジョリーのメイクがコワかった(笑)が、女優としての
実力を問われる映画だな。あれだけ正攻法でこられたら燃えるだろう。
イーストウッドがすごいなと思うのは、それぞれの登場人物のサブストーリーを
一切語らず話を進め、それでも過不足ない満足感を与えるところだ。
役者の力量と演出力、カメラワーク、どれが足りなくてもそれはできない。

長編の映画を見ても午後1時ってのがいい。西荻まで歩く。
昨夜の肉がもたれて朝飯抜きだったので、蕎麦屋で腹一杯の昼飯。
これが良くなかった。
4時くらいから眠くなり、仕事場のソファに横たわると目眩がする。
そのまま寝入り、目覚めると6時半。う〜ん、胃がもたれとる。
風邪はほとんどもういいけど、胃腸はまだ本調子に遠いということか。
飲み会の予定をキャンセルさせてもらい、そのまま居残り仕事。

仕事場に行き始めたせいか、きのうきょうと編集者からの連絡が多い。
この時期、けっこう異動もあるみたい。
編集者って、だいたい会社員だからね、転勤がないくらいでしっかり異動の季節。
書き手としては残念な気持ちもある。
呼吸ができるというのがありますね。これには時間がかかるもので、
相性ともまた違うところがある。仲良くなるのとはちょっと違う。
呼吸ができると、まず雑談がしやすい。雑談がしやすくなると仕事以外のこと、
それは単にお茶したり飯食いに行くことから、一緒に遊んだり、
我が家に招待したりといろいろなんだが、そういうことができるようになってくる。編集者は仕事をする窓口であり原稿を最初に読んでくれる相手でもあるのだけれど、無駄な時間を一緒に過ごす相手になっていくあたりで、ぼくなんかは呼吸ができてきた感じになる。
なので、そういう担当者が異動になると、また誰かと呼吸を作り始めることから
開始する面倒臭さがある。
どんな人ともうまくやっていけるほどこなれた人間ではないので、
気が合わなければその版元との関係も薄れて行きかねない。
書き手にもよるだろうけど、ぼくはそういうタイプだ。
しかし、気が合う相手であれば呼吸はできやすく、これまでの担当者とも
引き続き(仕事をするかどうかはともかく)人間関係が続くので、
版元との結びつきはさらに強くなることもある。
だからまあ、運だよね。担当者、自分じゃ決められないんだから。

本日の食事
朝 りんご
昼 親子丼とざるそばのセット(西荻「やぶ平」)
夜 

3.19
素晴らしい。今月はもう雑誌の締め切りがないのだ。
こういうとき、もやもやした頭で新しい企画のことを考えるのが楽しい。

午前、古本の入力作業を少々。
久しぶりで、杉並北尾堂ネット販売をやろうと思っているのだ。
午後から神保町で和田さんと待ち合わせる。Tシャツ1枚でも平気そうな陽気だ。
ヒラカツの事務所を訪問して和田さんを紹介し、2時間ほど雑談。

夜、自宅でゲラチェック。
本の表紙ラフデザインも数パターン送られてきた。

本日の食事
朝 サバの唐揚げにおろしたっぷり ごぼうとニラの卵とじ もやしいため
  みそ汁 飯一膳
昼 サンドイッチ
夜 カツオのタタキ 魚貝と野菜の鉄板焼き 締めに焼きそば

3.20
昼、親戚関係の食事会。

夜、幼稚園(こども園)の第2回オヤジ飲み会。
場所がへんぴなので送ってもらったら道が渋滞で30分遅れる。
そういえば連休初日なんだな。
飲み会はこじんまりと7人で。
少人数なので話もでき、たいへん結構。
まったく未知の、興味深い話が多い。
「小学校はどうされるんです?」と尋ねられたりナ。
年長者の威厳もなく、雑談に励む。
本名でのつきあいなのもいい。

仕事は休み。

本日の食事
朝 半熟卵 パプリカなど パンケーキ
昼 バンバンジー 卵春巻き 葱ラーメンなど中華いろいろ(小平「浜木綿」)
夜 刺身他つまみ各種(幼稚園近くの居酒屋)
[PR]
by torokitao | 2009-04-19 07:21 | 日記