杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日記12.21-25

12.21
竹松旅館で高野さん、中尾さんと朝ご飯食べてからチェックアウト。
9時頃「本の家」へ行き、コーヒーを飲み、店番。
昼のバスで、高野さんは東京へ。
午後の電車で中尾さんは長野へ。
ぼくは4時のバスで東京に戻る。土産にと、大家さんからリンゴや干し柿をいただく。感謝。
高遠へ行くと気分が変わっていいなと、いつも思うことをまた思う。
車内で島本理生『リトル・バイ・リトル』を読んだ。
抵抗感あるかなと思ったけど、すいすいと。
高速日野駅で降り、モノレールと中央線を乗り継ぐ。
帰宅すると猫スーがうれしそうにカラダをこすりつけてきた。
世界でもっともぼくを必要としているのは、コイツかもしれんなあ。
10時頃、飲み会から相方と娘が帰ってきたら、すっかり日常に戻った。
1時、娘とスーにはさまれて眠りにつく。

本日の食事
 朝 竹松旅館の和朝食
 昼 
 夜 東京行きバスの中でサンドイッチ

12.22
昼から仕事場。
w文春角田君来訪。いや〜連載終わったねと語り合うが来年もつきあいは続く。
ぼくたちにはマラソンがあるのだ(てなこと一度言ってみたかった)。
夜は所用。朝まで。

本日の食事
 朝 りんご、焼シャケ、みそ汁、飯一膳
 昼 
 夜 立ち食い天ぷらそば

12.23
朝イチから池袋サンシャインで取材。
ラジオライフ主催の東京ペディションである。
マニアが集結する、強力なイベント。
しかも同フロアで鳩のオークション(なんてものがあるのだ)が行われており、マニア度の濃い一日であった。
会場で久方ぶりに立石肖子さんに遭遇する。以前「ブブカ」で担当してもらったのだ。
ダンナの日本一の洋ゲーマニア植地毅氏が出店しているのであった。同行の編集宮坂、吸い寄せられるようにゲームを購入。

ヘロヘロになって相方の実家へ。電車内は気絶。何か忘れているような気がしていたら、今夜は西荻丼の忘年会だった。耄碌爺かよ。
しかしそれすら気にならないほど消耗しており、帰宅するなり気絶。
徹夜はもうアカンな。

本日の食事
 朝 喫茶店のトースト@池袋
 昼 うどんのセット@池袋サンシャインビル「杵屋」
 夜 ふぐ鍋など

12.24
午後、大宮君の実家に本を買取にいく。
大量にあり、とてもクルマには乗らないので一部だけにしてもらった。
家に戻ると、来訪したサルバドール・タリがもってきてくれたツリーができていた。
娘は大はしゃぎで、どうしたことか人見知りの猫スーまでタリに懐く。
11時まで。

本日の食事
 朝 
 昼 野菜ラーメン
 夜 チキンのすき焼き風ワイン煮、カルパッチョ他

12.25
午前、大工仕事。
午後からクルマで仕事場に、昨日買い取った本を運び入れる。
文春から1月初旬発売の『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』の文庫版が届いていた。
勝手を言って表紙を変えてもらったのだけれど、いい感じに仕上がっていて満足。

4歳児だと疑うことなくサンタクロースの存在を信じていて、我が家にはどうしてこないのかと言ったりする。
クリスマスなど関心がないので特別にプレゼントを与える気はなかったのだが、自分もある時期までは信じていた記憶があるし、子供はそういうのが好きなんだよなと考え直し、西荻で適当に買い求めたものを持ち帰った。
で、屋根裏に隠しておいて、窓からサンタが届けてくれたという話を作り、娘に渡す。大喜びである。

疲れ気味なのか食欲がなく、葛根湯飲んで7時すぎには就寝。

本日の食事
 朝 おにぎり、みそ汁
 昼 肉まん
 夜 オードブル各種、シチュー、パン
[PR]
by torokitao | 2008-12-31 22:28 | 日記