杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日記11.16-20

11.16
いろいろあってほとんど眠れず、家から出られない事情もあって皇居での陸トレへの参加を断念。くーっ。
終日自宅ですごす。少し昼寝も。

原稿短いの2本。
「日本の古本屋」メルマガ用と、長野のフリペ「日和」。

本日の食事
 朝  アジの干物、みそ汁、飯一膳
 昼 カレーライス@東京地裁の喫茶店
 夜 ほたてのカルパッチョ風サラダ、トマトソースのパスタ

11.17
午後から仕事場で資料づくりと読書。
5時にはもう日が暮れた。夜の長い季節だ。
四谷3丁目「どんぐり」で太田出版山下嬢と軽く打ち合わせしてから、鉄人社オガタと荒木町へ。
これからやろうと思っている仕事のため、記憶を呼び覚ますのに協力してもらうのである。
話しているうちに蘇るものがたくさんある。それにつれて編集者とライターという立場みたいなものもどうでもよくなってきて、だんだんとプライベートな会話になり、そうなってしまえばもう止まらず、閉店までノンストップだ。オガタとじっくり話をするのはめずらしいことだが、いろいろと考えさせられた夜だった。

本日の食事
 朝  目玉焼き、ハムとブロッコリの炒め物、パン
 昼 
 夜 黒豚しゃぶしゃぶのコース@荒木町「無門」

11.18
朝、割とゆっくり起きる。天気がいい。デッキで一服。
仕事場に行き、w文春をのんびり書きつつコーヒー飲んだり。
午後からはカナさんもきて興味深い話を聞いたり。
4時に原稿上がっていそいそ帰る準備。帰宅5時。
ジョギングに出る。空がみるみる暗くなる。
シャワー、夕食、子供の遊び相手。
遅くなって「藤沢周平が愛した静謐な日本」読了。
波乱は何もなかったけれど、これはこれで幸福な一日。

本日の食事
 朝  けんちん汁、イカと野菜の炒め物、飯一膳
 昼 
 夜 野菜ラーメン

11.19
休養日。
朝食前にジョギング中、道の向こうにでかい山が見えた。
なんだと思えば富士山である。
雪化粧もすませ冬のたたずまいだ。
富士山がこれだけくっきり見えるのは冬の間が多い。
気温も低く、冬がきたことを思わせる。
走る分には指先が冷たくてあまりいいもんじゃないが。

帰宅すると「本の家」の斉木さんから、高遠は雪がちらついているとメールがあった。
相方たちが外出したので、ソファに横になり、いずれ書くつもりの原稿についてぼんやり構想を練る。

午後、東京新聞宮晶子記者とカメラ担当女史来訪。
ペット記事の取材である。スーとモーがモデルを務めることになっており、
ビビリ性のスーが逃げ回るのではと心配していたら、なぜか機嫌が良くて無事に職務をまっとうした。夕食は豪華にしてやらねばな。

晩飯食べに行きがてら100円ショップに寄って手袋購入。
夜は和やかに。休みじゃけん。

本日の食事
 朝  けんちん汁の残り、鮭、飯一膳
 昼 カレーパン、コロッケパン
 夜 きつねうどんと丼もののセット@小平「のらや」

11.20
午後から新宿に出て下関マグロと昼食。アドホックビルの上にある
タイ料理屋がランチバイキングになっててけっこううまい。タイ料理は野菜がたくさん採れるのでいいのだ。ここはおすすめ.1050円。
トップスに移りあれこれ雑談。おっさんシリーズの続きをやるかと相談する。
禁煙中のマグロを前にたばこを吸うのは気が引ける、なんてこと言ったら「北尾も禁煙してみればいい、走るんだろ?」とニコチンガムを渡された。
さらに麻布茶房に移動し、ダヴィンチの飯田、岩橋と会う。マグロを紹介。
飯田から文庫の、岩橋から連載のゲラがどさっときた。年末進行でバタバタしているモヨウで慌ただしい雰囲気だ。
別れて紀伊国屋書店を冷やかし、駅に行く途中、飯田から中央線がストップしているとのメールが入る。総武線は大丈夫だったので、西荻に戻って仕事し、ニュースで運転再開を確認してから帰宅。

w文春、モウラ、ダヴィンチ、文庫本。本日はゲラ読みの日でした。

本日の食事
 朝  ソーセージと野菜の炒め物、パンケーキ
 昼 タイ料理バイキング@新宿「エラワン」
 夜 キムチ鍋、野菜の和え物、飯一膳
[PR]
by torokitao | 2008-12-25 11:49 | 日記