杉並北尾堂店主・北尾トロの日記を公開


by torokitao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日記11.06-10

11.06
早起き。娘を送り、いったん帰宅した後、西荻へ。
仕事場で文春ゲラ、文庫本あとがき執筆後、新宿。
小菅君と待ち合わせて神奈川まで出かける。
ラジオライフ「超越大陸」の取材だ。今回は潜水艦ラジコンの制作者。
こう書くだけで濃い空気が漂うね。
2時間たっぷり、その真髄に触れる。
そのまま藤沢周平読みつつ帰宅。
相方たちは実家に行き、ひとりの夜である。
「モウラ」ゲラチェック。
何本か電話書けたりかかってきたりしてから外に出て陸トレ。
シャワー浴びたら11時過ぎになっていた。
疲れた。12時には文庫本片手に寝室に入る。

本日の食事
 朝  りんご、パン
 昼 
 夜 やきそば、パン

11.07
午前中から西日暮里に遠征し、イラストルポライター内澤旬子さんに会う。
「オレキバ」で彼女が描いたおやじ絵を使用したく、データをもらいにいったのだ。
しばらくぶりの内澤さん、千葉で豚と暮らす計画を着々と進めていた。
この人が信用できるのは、自分で考え、行動に移す、地に足がついたところである。
2時間余りも話し込み、西荻に戻るともう2時。
カナさんに10月のアルバイト代を支払い、仕事しようとしたけれども、なんだか乗らず。「オレキバ」をちょこちょこ。

早めに帰宅して久々に一家で夕飯。
夜、ダヴィンチ文庫の「まえがき」を書いて送る。
なかなか決定しなかったタイトル。もう考えるのが面倒になり、編集者の提案を呑むカタチで『ほんわか!ー本についてわからないこと、ねほりはほりー』になった。
これまでダヴィンチに書いた原稿から14本を選んだ内容で、発売は年末。

タイトルって難しいもので、決まるときはすぐに決まってこれ以外にないと
思えるのだが、いったん悩み始めると蛇行を繰り返して決めきれない。
悩めばいいというものでもないのだ。
本は商品だから、著者がいいと思えばそれでいいってもんでもなく(もつれて
いけば最後はそうなんだろうけど)、ぼくの場合だと編集者とのコラボが多い。

『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』は前作の踏襲でもあるので、
一発で決まったタイトルだったが、たいていはやりとりがあって、これで
いこうとなる。

『キミはちょい知りの他人に鼻毛が出てますよと言えるか?』(編集案)
     (なげーよ=北尾)
→『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』

『ぶらぶらジンジンぼくの旅』(北尾案)
(ぶらぶらとくればチンチンでしょ。あと古本ファンに届けたい=編集)
→『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』

『あの日あの猫と目があって』(編集案)
(うわ、それはせめてサブタイトルでお許しを=北尾)
→『中央線で猫とぼく』

こんな感じなのですね。
今回は、
『その本、匂う!』(編集案)にはじまり、
→『本についてわからないことはぼくに聞いてください』
→『誰も頼まなかった本に関する調査』
なども出たが決めきれず、編集もいろんな人の意見を聞きすぎて方針がぐらついてしまい、北尾は北尾で、どうしてタイトルセンスのない人たちの意見を尊重しなければならないのかわからなくなる。
→『本についてわからないことは〜』を略すと『ほんわか』となって語感がいいという話が出たが北尾が意味不明だし女性っぽいと難色。
→ではサブタイトルもつけて、というあたりで北尾の集中力切れる、
というような経緯を辿ったのだった。

本日の食事
 朝  パン
 昼 とろろそば@西日暮里の立ち食い
 夜 ちゃんちゃん焼き(鮭と野菜)、キムチとこんにゃくの炒め物、飯一膳半

11.08
朝から雨が降るなか、EKIDENカーニバル2008 西東京大会 in 国営昭和記念公園出場のため西立川に向かう。
遊びにいく予定が中止になった相方と娘も一緒である。
改札を出ると、ネギシさん、キウチさん、シミズさんはもうきていた。
彼らのチームに欠員が出たため、よかったら走らないかと誘ってもらったのだ。
万を越す出場者、その関係者がぞろぞろ歩く様子は壮観だ。
この裾野があってのマラソン大国なんだなあ。
この大会は仮装で走るチームもいたりして、気楽な大会.駅伝ならではのリラックスムードが漂っているので雰囲気もいい。
12時半にスタートしたレースは、10キロ、5キロ、3キロ、5キロの4区間、計23キロ。
勝利を狙うチームは最初のランナーが30分ほどで戻ってくる。
ぼくは3キロ担当なんで娘とボール遊びなどしつつ出番を待った。
第2走者のシミズさんからたすきを渡され、走り出す。
バテたがなんとか最後まで歩かず、ネギシさんにたすきをリレーした。
ぼくらのチームは2時間ちょいのタイムで、全体の中間くらいだったようだ。
遊び足りない娘がボール遊びをねだるので、ネギシさんたちと別れて公園でしばらくすごし、空腹を満たすため伊勢丹のレストラン街。

いったん帰宅し、30分仮眠してから東久留米に向かう。
7時から幼稚園の父親だけの飲み会である。
自己紹介などして、あとはだんだんと場が和んでいくのだが、ほぼ初対面なので話題はどうしても園のことになりがちで、どことなくぎこちない。
そのぎこちなさに、なかなか味がある。

帰宅10時半。もう限界。疲れた。寝る。

本日の食事
 朝  ベーグル、スープ
 昼 五目焼きそば@立川 伊勢丹レストラン街
 夜 刺身、揚げ物、サラダ、鍋など@東久留米「福福や」

11.09
終日自宅。

本日の食事
 朝  りんご、野菜のトマトソース煮、パン
 昼 
 夜 豆乳鍋、揚げ天、ごま和え、締めのうどん

11.10
朝から原稿書きやって、丸井でエスプレッソ用ポッド購入後、午後イチで仕事場。
昨夜、仕事場に泊まった斉木さんがいた。寝袋持参だったので寒くなかったとのこと。李さんもきて、「本の家」ミーティング。
今後のスケジュール確認、年末年始の営業体制につづき、本題である来年のイベントについて話し合う。
まだ構想段階ではあるが、高遠でブックフェスティバルをやりたいと思っているのだ。
これまでやってきたイベントの集大成だな。
夕方までたっぷりと話し合い、基本的な考え方はおおよそまとまった。
ここからが大変だが、それはまあいつものことである。

帰宅後、字の稽古。合間を見てやってきたけど、付け焼き刃じゃ進歩しないね。我が字を見てうんざり。

本日の食事
 朝  ベーコンと小松菜の炒め物、スクランブルエッグ、自家製パン
 昼 醤油ラーメン@西荻「さくら」
 夜 グラタン、パン
[PR]
by torokitao | 2008-12-18 09:15 | 日記